助手席の紳士

私は5年程前まで訪問看護をしていました。 これはその訪問先での話です。 今から10年近く前、年老いた夫婦が住む小さな木造の貸家に訪問していました。 ご夫婦とも90歳くらいで足腰が弱く、近県に住む長男が時々来て買い物など行っている状況でした。 それでも、二人で支えあいながら穏やかに暮らしておられました。 ある日のこと、いつものように病院の管理する軽自動車をお宅の庭先に停め、縁側にたたずんでいる奥さんに 「こんにちは、看護師の○○です」 とあいさつをしながら家に上がりました。 家の中で... 続きを読む

人気ブログランキング

幽体離脱

スレチかもしれないし、長くなるが聞いてほしい。 精神科行き認定されそうって思ってからというもの、ずっと誰にも言えず自分の中で秘密にしてきた話。 自分は小さい頃から、いろいろなものが聞こえたり見えたりしてた……と思う。 今はもう見聞きとかはあんまり無くて、ここ嫌だなと感じるとか、相性の良い? 神社行くと体がふわっとなるとかその程度。 でも、その代わりというかなんというか、十代前半ぐらいから妙なことができるようになった。 これがなんというか、うまく説明できないんだが…… 自分の中に意識... 続きを読む

人気ブログランキング

慰安旅行

うちのかみさんが昔、旅行代理店でバスの添乗員の仕事をやっていたときの話。 徳島県に木〇平村っていう過疎の村があって、どこかの会社の慰安旅行の付き添いでそこへ行ったんだって。 自然以外はほとんど何もない村。 客のほとんどは若いOLで、あとは上司の中年男性が1人いただけ。 二泊三日、川でバーベキューしたり山道をただ歩いたり、かなりのんびりした旅行だったらしい。 何かのお祭りでもあるらしくて、山道を鎧兜を身に纏った村人たちが馬に乗ってたり歩いたりしてた。 かなり本格的な衣装だったんで、O... 続きを読む

人気ブログランキング