漁師の歌

田舎から上京した友人の話です。
その友人の地元は海沿いのさびれた漁師町で、そこに昔から伝わっていて今では口語で歌われている歌があった。

鰯が獲れたら秋刀魚が獲れる
秋刀魚が獲れたら鰤が獲れる
鰤が獲れたら鰹が獲れる
鰹が獲れたら人魚が獲れる
人魚が獲れたら子供が獲れる
子供が獲れたら肉になり
肉になったら鰯が獲れる

という、なんだか不思議な歌だった。
友人から聞いたときに気になったのは、やはり魚からいきなり人魚や子供に飛躍する点。
だが、友人もよく分からないというので
「今度帰省したら祖母に聞いてみる」
と言っていた。

その夏のある晩、帰省していた友人から電話があった。
聞いてみると、実は歌には、今の子供には伝わっていない2番が。

鰯が獲れぬし秋刀魚も獲れぬ
鰤も獲れぬし鰹も獲れぬ
人魚も獲れぬし子も獲れぬ
こぞ(去年)に獲れたは人魚の子
稚児がその子を食らぶれば
稚児は見事な餌になりて
鰯は町に戻り来る

私は
「人魚ってなんだ」
と聞いたところ、それは女ばかり生まれる特別な家系のことで、大漁の年に子供が生まれるのだそうだ。
そして純潔守られた子供は不漁の年に町の少年と性交する。
少年は交わった時点で人でもない物として海に捧げられるのだそうだ。
友人の祖母が子供の頃には、すでにそんな風習もなく、人魚の家系がどこにあるか分からなくなっていた。
ただ友人の家系は女ばかりで、入り婿が家を継ぐそうだが。

691 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 17:27:18 ID:cvbGUZkA0 より

人気ブログランキング
  • 名無しさん

    創作かなあ

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。