男児がいない村

東京に住む大学生なんだけど、友達が地方の村から出てきた奴でそこの話を聞いた。
そこは海辺の村で、そこでは女子の出産率が高いらしい。
双子が生まれやすい村もあるくらいだからそれには驚かなかった。
実際は違った。
男児が生まれると高確率で奇形児らしい。
外見的におかしかったり病気を持っていたりって感じで、今は医療技術も発達してきたからそういうことは一気に減ったらしいんだけど、昔は兎に角、酷かったんだと。
一時期は村から男子がいなくなり、迷い込んだ旅人が男なら一夜限りの天国。
酒で男を酔わせて、村の若い女何人かで子供を作らせるらしい。
で、後は・・・男は用なし。
酔って寝てるところを殺して海に捨てる。
生まれてきた奇形児も殺して海に捨てたらしい。
ある日を境についには海から化け物が出るようになった。
魚に人の手足が映えたような、半漁人っぽい化け物が。
そいつは夜中、海から上がっては家の外にいる村人を襲うらしい。
俺「へぇ~。お前、見たことある?w」
友「いや、ないよ。けどさ……いるよ。絶対に」
俺「言い切るね。何か根拠あるの?」
友「殺した奇形児に対して何の供養もしなかったんだぜ? 最初に旅人が殺されて、その旅人の子供が奇形児ならそれも殺されて……供養も何もしてないんじゃ、その怨念が晴れるわけねーよ……」
そいつは見たことないって言ってたけど話している最中、何かを誤魔化すように笑いながら話してた。
俺の予想だけど、奇形児が生まれる確率が減っても……生まれては来る。
そいつは奇形児が殺されて捨てられる所を見ちゃったのかもしれない。
夜中の十時以降は絶対に家の外に出るなって言われていたらしいし。
ちなみに、そいつは地方の村から出てきたって書いたけど、正確に言うと、そいつが小学校高学年の時に家族揃ってその村から逃げたんだと。
聞こうと思えばその村の場所くらいはわかるかもしれないけど俺は確かめになんか行きたくないし、オカルトは好きでも自分で体験するのは嫌だから確かめる術なんかないけど……いる気がする。
その話の最後にそいつが
友「奇形児や旅人の屍肉を魚が食ったんだろうな……」
とか言ってた。
これが妙に怖かった。
やっぱこいつ、見たことあるんだなって思った。
実体験じゃなくて聞いた話ですまんな(´・ω・`)
764 本当にあった怖い名無し 2007/06/04(月) 03:22:24 ID:dPcyFHep0 より

人気ブログランキング
  • 名無しさん

    ベネズエラの人里離れたところには50歳以上の男がほとんどいない村があるらしい。
    周囲の村の人々はこの村を悪魔に取りつかれた奇病の流行る村として恐れ忌み嫌っているらしい。
    そこの村へ調査が入ったが、その結果は若年性アルツハイマーが男性だけに発病する遺伝子を持った住民の村だったようだ。
    周囲からは忌み嫌われていたので近親結婚が常態化していたので全ての男性にこの遺伝子が存在して40歳を過ぎると発病するらしい。
    そしてアルツハイマーの余命は10年くらいで終わるらしく50歳を過ぎて生き延びている男性はほぼ皆無となるらしい。
    10年余前にこの原因が発見されて一躍アルツハイマー治療薬開発の聖地として当該村が脚光を集めたようだ。

    ご貴殿のお話はこの類のものなのかもしれない。

  • 霊感ゼロのオカルトマニア

    現代の進化は凄まじいものでほんの100年位前まで呪いだ祟りだ言われてたものがどんどん解明されてゆきますね…
    凄いわ

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。