マシャノォ

今は亡き祖父の昔話。
祖父と父が混同するので、祖父はAと表する。
Aは村人全員家族っていうような山の集落で育った。
夏場は回りの村や町からくる行商などもいるが、冬になると道も雪に埋れてしまう。
Aの一族は元来マタギの家系で、冬の間は村のみんなが、祖父の家族が取ってくる動物で食事の大半を賄っていた。
その代わりAの家は栄えて、夏の間は遊んで暮らしていたそうだ。
Aが小さい頃は兄弟や親が取ってくる動物に何も疑問も持たなかったが、歳を取るごとにこう思ったそうだ。
「こんなに安定してすごい量が取れるのはおかしい」と。
しかし厳格な父にそんなこと聞けるわけもなく、疑問は募るばかりだった。
時は経ち、Aが成人の年齢(15くらいだったそう)になり、銃を撃つ練習を始めた。
狩をする初めての冬。
Aは父に呼び出されて、珍しく2人で狩に出かけたそうだった。(いつもは兄が付きっきりで教えられていた)
父はいつものルートではない道無き道を無言で歩き、Aが後ろを歩いて行くようなことを2時間ほど続けたあと、少し開けた場所に着いた。
そこで父はナイフを取り出して祖父に渡して、こう言ったそうだ。
「親指の先を少し切り取れ、少しでいいが血は出せ」
Aはいつも以上に無表情な父に逆らうこともできず、親指の先を少し切り取った。
父は切り取った先の皮膚を雪に包んで、血が染みたそれをポンと広場に投げた。
その後傷を炙り治療したあと、Aに父は空に何発も銃弾を放ったそうだ。
帰り道、父は珍しく饒舌にこう語ったそうだ。
「お前も不思議に思っていたそうだが、うちがこうやって暮らせるのも、マシャノォ(発音は微妙)のおかげだ。今回はお前の顔見せだ。これ以降は一人であそこに行け。絶対に一人でだ。そしたら、広場に動物が死んでいるはずだ。頭に一発ブチ込んでから村に持って来い」
Aは何を言うでもなく父の話を聞き入っていた。
日を改めて広場に行くと、シカが3匹ほど横たわって死んでいた。
その後Aは、広場に行き、なぜか死んでいる動物を狩家に帰る、ということを繰り返していた。
祖父が自分に話してくれたのはここまで。
祖父が死んだ今結末や続きは聞けない。
山の滑落で死んだ祖父の死体は未だに見つかってないし、曽祖父やその家族は墓がない。
親父はこの話を聞かせてもらってなかったようだった。
俺に話したってことは、俺に何かがあるのだろうか?
今ではなーんにもわからない。
103 :本当にあった怖い名無し:2012/12/28(金) 21:40:46.70 ID:EynGUyiSP より

人気ブログランキング
  • 名無しさん

    死体が見つかってないのに滑落で死んだと何故分かる?
    崩落の間違いか?それとも単なる作者の不注意か?

  • 名無しさん

    山道にそういう形跡があったとか、そういうことじゃない?

  • 名無しさん

    ってか、伝承途切れちゃったのか

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。