お地蔵様を作る習わし

母の実家は資産家なんだが、ある言い伝えがあった。 ある男が悪い神様に「金持ちにしてほしい」と毎日毎日お願いした。 ある日、その神様が「子供と引き換えにするなら金持ちにしてやる」と答えてくれた。 その時結婚すらしていなかった男は二つ返事で引き受けた。 その後、男はとんとん拍子に金持ちになった。 そして、以前から好意をもっていた女を嫁にもらい、幸せな毎日を送っていた。 ところが、幸せな日々は簡単に崩れさった。 最初の子は、目が真っ白な状態で生まれ、数日で死んでしまったのだ。 さ... 続きを読む

人気ブログランキング

海の火葬場

その無人島は『海の火葬場』 岡山県笠岡市の沖合いに浮かぶ高島、白石島、北木島、真鍋島の4島を笠岡諸島という。 北木島と白石島のちょうど中間に、地元の人が通称『タテ』と呼ぶ小島がある。 地図上では正式名を『縦島』といい、たった40メートルほどの岩場だらけの無人島にすぎない。 実は平成13年まで、この『タテ』では海上の火葬場として使われていたのだ。 火葬場の施設があるわけではない。 タブと呼ばれる木(クスノキ科)でヤグラを組み、その上に遺体を寝かせ、松ヤニを油代わりに野焼きしたとい... 続きを読む

人気ブログランキング

猪殺し

ばあちゃんちが西日本の日本海側近くの山村集落にあるんだが、15歳の時によくわからん儀式みたいなのをやらされたな。 田舎の山全体が墓っていう墓地の作りわかるかな。 うちの家が頂上だから本家なんだろうね。 山の麓に地蔵が並んでて、うちの墓までの道の途中で分家の墓が枝分かれして点在してる。 ばあちゃんちのすぐ上に神社があって、雷で倒れたらしい巨木の残骸があるんだ。 残骸っていっても、直径二メートルぐらいの切り株の外側だけ残っている感じ。 中は空洞で巨木の枠組みだけがあって、普段は鎖で囲ってあ... 続きを読む

人気ブログランキング