思い出の山小屋

幽霊も妖怪も神様も関係ないけど、個人的に死ぬ程怖かった話。

自分はかなりのお婆ちゃんっ子で、小学生の頃はよく祖父母の家に遊びに行っては近くの山で山菜を採ったり、近所の子供たちと遊び回ったりしてた。
それで近所の子供と遊ぶときに、滅多に人が来ない山小屋によく遊びに行ってたんだ。
その小屋は錆びたトタンをどんどん張り付けただけのような粗末な作りで、中はそこそこ広かったんだけど棚も机も椅子もなんにもない。
正直見た目だけでいうなら「不気味」の一言なんだけど、そこは子供補正で「秘密基地みたいすっげー」くらいに印象変換されてた。
それで、それぞれの家やゴミ捨て場とかからいらない家具やらを持ち寄って、まあ住めるんじゃない? ってくらいにはなった。
掃除もしたしね。

それで、なにが怖いのかというと。
実はこの頃は、まったく怖いことはない。
せいぜい祖父に勝手に椅子を持って行ったことを怒られたのが一番怖かったってくらい。
この頃の思い出は、子供の頃の楽しかった日々って感じ。
じゃあ、なにが怖いのかっていうと。

実は3年くらい前に、久しぶりに祖父母の家に遊びに行ったんだよね。
ちなみに祖父母は今も存命。
元気そのもの。
それで昼食に祖母の作ったスパゲティを食った後、暇をもてあましているときに、ふとそういえばあの小屋どうなったんだろうって思った。
昔はよく祖父母の家に来ることができたから、頻繁に小屋へ遊びに行っていたけど、小学校高学年の頃に家の都合で引っ越して以来、一度も遊びに行っていない。
気がつけば俺も大学生。
近所の子供や学校のクラスメートからチビチビいわれてた自分も、けっこう立派になった。
体と一緒に態度まででかくなっちゃったけど。
小屋の様子がどうにも気にかかって、祖父母に
「ちょっと山行ってくる」
と伝えて、すぐに出かけちゃった。

山小屋は、よく見ればうっすら分かる程度の獣道を進んだ先にある。
子供の頃、好奇心の赴くままに獣道を進み小屋を発見したときは、かなりの感動だったのを覚えている。
正直、道がどの辺にあったのかを完全に忘れていたので、獣道を探すこと自体に四苦八苦してだいぶん時間を費やしてしまったけど、(当時より獣道が薄くなってた)なんとか山小屋を発見。
当時より更に寂れており、山小屋と呼ぶのも躊躇してしまうようなものになっていた。
かなりの勇気がいったが、ぎしぎし音を立ててなかなか開かない扉を開けて、ホイホイと山小屋の中へと足を踏み入れてしまったのだ。

入った瞬間、生々しいけど乾いている異様な臭気が鼻を刺激した。
すごく説明しづらい。
なんというか、人の汗臭さを極限まで乾燥した臭いというか。
人の営みがあったんだろうけど、かなり時間が経っているな、という感じの臭い。ごめん。よけい分かりづらい。
タオルで鼻を押さえてから入ったんだけど、今度はびっくりゲロを吐きそうな事態に遭遇した。

人影がある。
暗くてよく分からないが、シルエット的には女性だろうか。
埃をかぶりまくった見覚えのある家具の向こう、小屋の奥に座り込んでいる。
とっさに「すいません!」と、そのシルエットに頭を下げて謝った。
このときはてっきり、ホームレスか何かがここで暮らしているのだと思っていた。
しかしやっぱり、すぐにおかしいことに気づく。
そもそも人が行き着くことすら難しい小屋の場所。
ホームレスが住むことも疑ってしまうようなぼろぼろの山小屋。
仮にホームレスが住んでいるとしても、机まで埃まみれなのはおかしくないか?
おそるおそる頭を上げた。
シルエットからの返事はない。異様な臭気……。
まずすぐに、死体だろうかと疑った。
確かめなくてはならない。
足下にゴミがいっぱい落ちていて歩きづらかった。
日光の届かない場所で座り込んでいるシルエットに、ゆっくりと近づいていく。

息を呑んだ。
そこには女性がいた。
しかし死体ですらない。
埃で真っ黒に煤け、セーラー服を着させられた、恐ろしく精巧な女性の人形がそこに座り込んでいたのだ。
死体でなくてよかった、と一瞬安心したけど、なぜこんな山小屋にこんな人形が……と疑問がもたげてくる。
腑に落ちない気分だったが、俺は山小屋を後にすることにした。
いくらなんでも気持ち悪い。
さっさと帰ってシロクマ君でも食べよう。
そう思って踵を返したとき、足に何かが当たった。
すぐにそれの正体が分かった。
椅子だった。
祖父母家から無断で持って行った、粗末な丸椅子だ。
これも他の家具と同様に埃をかぶっていた。
あることに気づいた。
なにか、びっしりと黒く細長い物が椅子を覆っている。
それが何なのか気づいた瞬間、ついに吐きそうになった。
椅子にはびっしりと『ウラギリ者』と書かれていたのだ。
もうこれ以上書けないってほど、びっしりと。
思わず周りを見渡した。
机にはなにも書かれていない。
他の椅子にも書かれてはいない。
そして、もう一つ『ウラギリ者』と書かれたペン立てを机の上で見つけた。
自分が持ってきた物だった。
ふとなにかを踏んづけた。
ゴム製の丸い形……コンドームだった。
床にたくさん落ちている。
さらに目をこらすと、赤黒く乾いた物質が点々と床にこびりついている。
自分は遂に小屋を飛び出した。
扉も閉めなかった。山道をでたらめに走った。
意地でも順路通りには戻りたくなかった。
祖父母の家にたどり着いてから、自分は逃げるように自宅に帰った。
祖母から『いったいどうしたの』と電話がかかってきたけど、
自分は真実を告げずに「レポートの提出が残っていた」と言い訳した。

不気味な人形、ウラギリ者の落書き、コンドーム、血(?)。
いったい、あいつらはあそこでなにをやっていたんだ。
あいつらは、引っ越してまったく関わらなくなった自分を、裏切り者と思っているのだろうか。
確かに友人ではあったが、自分は毎日来られるわけではなかったので、ゆるい友人関係だったはず。
「たまに来るチビ」くらいだった、はず。
もしもあいつらに見つかっていたら、いったいなにをされていたんだろう。
考えるだけで怖い。
祖父母が引っ越して、現在は東京の両親と一緒に暮らしてくれているので、これ以上あの場所と関わることがないってのが唯一の救い。

329 本当にあった怖い名無し 2009/09/01(火) 15:13:56 ID:blKwjOTi0

人気ブログランキング

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。