神社で野宿

俺にも語らせてくださいヽ(`Д´)ノ
今でも夢みたいだけど、ほんとの話。2年前のこと。

俺が高校3年生の時、既に俺はセンター試験に合格し、あとは卒業までの時間を潰すのみになっていた。
学校は2月から自由登校になっており、ほとんど毎日が休みだった。
そこで俺は、気心知れた悪友と一緒に泊りがけのツーリングに出かけた。
俺のバイクはSV400無印、ダチのバイクはインパルスだ。

目的地は熱海だったのだが、寄り道ばっかりしているうちに、大山、日向薬師まで来ていたw
そこで夕暮れがきてしまい、今日はさっさとテント張って寝るかーということになった。
しかし周りは畑ばっかり、テントを張れる場所がない。
そこでスペースを探していると、少し奥まったところに古そうな神社があった。
ここなら寝れると思った。
けど実はダチも俺も神社はあんまり好きじゃなかった。
なにやら俺たちは霊感があるらしく結構見えてしまったり感じちゃったりすることが多い。
恐山のお坊さんのお墨つきだ。
しかし他にスペースがないので神社の敷地の端のほうにテントを張って寝ることにした。
しばらくダチと猥談をしながら、まったりとした夜を過ごした。
次第に俺もダチも眠くなってきて、いつの間にか寝ていた。

こっから先は夢か現実かよくわかりません。
どっちでもあんまり変わらないんですけどねw

俺は目を覚ました。
いつのまにか本殿の前に立ってた。
目の前にはお稲荷様がいた。
お稲荷様が俺に頭を下げて言った。
お稲荷様「こんばんは」
俺「あっ! どうもこんばんわ。今日はちょっと神社使わせてもらってます」
お稲荷様「そうか。少し話を聞かせてくれないか?」
っていうことになった。
お稲荷様は、俺たちがどんな人間か、どこに行くのか、将来の夢は……とか、バイクのこととかを聞いてきた。
お稲荷様の声はすごく優しいかんじで、俺は夢中になって話した。
話してるうちに、いつの間にか朝になってた。

俺は神社の本殿の軒下で寝てた。
寒くて死にそうだった。
横を見ると、ダチもすぐ横で寝ていた。
俺はダチを起こし、荷物をまとめ、近くの川で顔を洗い、お稲荷様の話をした。
すると、なんとダチも同じようにお稲荷様と話をしていたそうだった。
俺たちは笑いあって最後に本殿に手を合わせてダチと千円ずつお賽銭箱に入れた。

この後また熱海に向かって出発したが、行く先行く先信号が全部青w
信号5個目くらい。「よし、いい調子」
信号10個目くらい。「すげー! 運いいな!」
信号20個目くらい。無線でダチと「すげーなおい! 目の前の信号全部青だぜ!」『ほんとだな!』
信号何個目かわからないくらい。「……なんかおかしくねえか?」『うん……さすがに。スムーズすぎて恐い』

そんなこんなで、熱海まで2~3回しか信号に捉まることがありませんでした。
熱海について温泉に入りながら「お稲荷様がサービスしてくれたのかも」と、ダチと結論に達しました。

今でも、お稲荷様と話した夜のことは忘れません。
そのときのダチとは、就職を境にあまり会わなくなってしまいました。
しかし、一年に一度は必ず、二人で神社に行きます。
そこでは、やっぱりお稲荷様が笑っているように思えます。

長文+あんまり(全然)バイク関係なくてスマソ(;´Д`)
しかも信じられないような話だし……。
けど実話です。夢か現実かははっきりしていませんけどw
これが俺の忘れえぬ出会いです。

649 774RR 2006/01/18(水) 22:03:32 ID:PGNx0tFy

人気ブログランキング
  • 名無しさん

    お稲荷様の「こんばんは」に萌えたw

  • 名無しさん

    フレンドリーなお稲荷様だw

  • まらいなり

    お稲荷様なら美しい宇加様にお会いしたいニャー

  • 名無しさん

    きゃわいい

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。