明晰夢

私には昔、霊とかそういうものが見えていた時期があります。
別に見ようと思って見えるわけではなく、こっちの気分や事情に関係なく見えるので実はけっこう困っていました。
町を歩いていても人の後ろに貼り付いている霊が見えて、ひどい時はそれが普通の人間と区別がつかないくらいハッキリ見えるのです。
霊によっては一人でいるものもいて、そういう霊はますます見分けが付きにくい。
だから知らずに近づいて変な波長やオーラを貰ってしまうこともありました。
それで一時期体調も崩していました。
人付き合いも苦手でした。
それが大学に入ってからは地元を離れたせいか、そういう体質は少し改善されました。
サークルに入ってバンドを始めて、少し自分に自信が持てるようになったせいか、かなり社交的な日常を送るようになりました。

ある日、そのサークルで合宿に行くことになりました。
合宿と言ってもバンドの練習をするわけではなく海辺に泊まりがけで遊びに行くだけのものでした。
友達と泊まりがけで遊びに行くのは初めてだったので、私は弾む気持ちで合宿を楽しみにしていました。
当日は良い天気に恵まれ、私達は3台の車に別れて出発しました。
車の中では会話も弾み、楽しい雰囲気だったのですが、途中からBGMのCDが気になり始めました。
アルバムのはずなのにさっきから同じ曲ばかりが再生されているような気がします。
無機質なシンセ音が延々続き、私は気分が悪くなって次第に無口になってしまいました。
「酔ったの?」
友達が声を掛けてくれたので、CDのことを言うと、助手席の子がデッキを見て
「別にリピートになってないし、気のせいだろ」
と言いました。
でも相変わらず同じ曲が繰り返されていたので今度は何だか怖くなってきました。

熱海に着くと海でしばらく遊びました。
私はベンチに座ってボンヤリと水平線を見ていたのですが、何だか眩暈がしてきたので車の中に戻ってウツラウツラしていました。
その時、良くない夢を見たのだと思うのですが覚えていません。
エアコンをかけて寝ていたのですが目が覚めると汗びっしょりで全身がだるい感じでした。
その頃には、もうかなり鬱になっていました。
せっかく友達と遊びに来たのに体調が悪くて楽しめない。
そのときはそう思いました。
その後、みんなで宿泊先の民宿へ向かいました。
私はどんどん気分が悪くなって、その頃には殆ど口もきかずに窓の外を眺めていました。
車を少し離れた駐車場に置いて民宿へ。
その時、体が何とも言えない悪寒に包まれました。

風邪とかそういうのではなくて何か冷たいモノに全身を包まれたように表面だけが異様に冷たいのです。
民宿の前まで来た時、その感覚はもはや耐え難いものになっていました。
私達の泊まる建物の横に大きな小屋のような建物があって、そこから視線のようなものを感じます。
見たくなかったのですが、ついついその建物をじっと見てしまいました。
すると2階の小さな窓から誰かがこっちを見ています。
パッと見た感じは男の人のようでした。
ただ体が青い光を放っていて輪郭がボンヤリしています。

とっさにこれは人間ではないと思いました。
窓は小さいのに窓枠の周りの壁を通して、そいつの体全体が見えるのです。
こっちを見ている視線がものすごくイヤな感じでした。
私達が来たことを歓迎していないような感覚が伝わってきます。
私はもう限界でした。
みんなにここはヤバイという事を説明したのですが納得してくれません。
みんなには見えていないのです。
しかし私はもうこの民宿に留まることなど出来ませんでした。
その場で皆に別れを告げ電車で帰ることにしました。
幸い近くに駅があるということだったので、民宿の人にそこまで送ってもらいました。
電車の中でも私はさっきの視線を感じていました。
全身の悪寒も相変わらず続いていました。
体がぐったりと疲れていて、つい居眠りをしてしまいました。

すると、またうなされていたようで私は隣のおばさんに揺り起こされました。
車掌さんも心配してくれて
「駅に着いたら病院に連絡するように駅員の人に伝えようか?」
と言ってくれたのですが、私は一刻も早く家へ帰りたかったので申し出を断りました。
駅についてタクシーで自分のアパートまで戻りました。

部屋に付くと、とりあえずお香を焚いて玄関や窓辺に塩を盛りました。
食欲はなくシャワーを浴びると私はベッドに倒れ込むように横になりました。
眠るのは怖かったのですが体が睡眠を求めているようで、眠くてしょうがない。
それで電気とテレビを点けっぱなしにして眠ることにしました。
その日の夢のことは覚えています。

私はベッドに横になっているのですが体の中に悪寒が染みこんできて体にピッタリと収まりました。
体が二重になったような感覚です。
もう自分の意志では体を動かせません。
誰かが私の体を動かして立ち上がりました。
電気とテレビを消して着替えをし部屋の外へ出ました。
まだ外は真っ暗でした。
アパートの近くに男が一人立っていました。
それがあの民宿の隣の小屋から私達を見ていた男だというのは分かりましたが、今は普通の人間っぽい感じで青い光も見えません。
私は気が狂いそうなくらい怯えていましたが私の体は男の後をついてどんどん歩いていきます。
私は為す術もなくそれを見守っていました。

しばらくすると空が明るくなってきました。
国道沿いを歩いていた私達の前に一台の車が止まりました。
車の中にはジャージの上下を着た男が居ました。
この男は普通の人間ぽい感じでしたが、私はパニック寸前でした。
しかし私の体はあたりまえのように車に乗り込みました。
私と男を載せて車は走り出しました。

思った通り例の建物のところへ着きました。
この時はだいぶ体の自由が戻っていたので両手をテープでぐるぐる巻かれ口もテープで塞がれ頭からタオルを被せられて、私は2階の部屋に連れ込まれました。
部屋の中は殺風景な感じで布団や小さなテーブル冷蔵庫ぐらいしか置いてありません。
生臭いような匂いが漂っていました。
部屋に入ってすぐに私は服を脱がされ手錠を掛けられました。
この先どんな目に遭わされるのだろうと考えると怖ろしくて仕方がありませんでしたが、男達はさっさと出ていってしまいました。

しばらくすると階上で大きな音で音楽が鳴り始めました。
足踏みをするような音も聞こえてきて踊っているのかな?と思いました。
それを聞くうちになんだか気持ちが悪くなって、とうとう吐いてしまいました。とても惨めな気分で、ずっと泣いていました。
やがて最初に私の部屋に来た男が戻ってきました。
私のゲロの方を見ています。
怒られるのか、と思い惨めさと恐ろしさで男の方から目を逸らしていましたが、急に男が顔を寄せてきたので、反射的に壁の方へ逃れました。しかし思いのほか勢いがあったせいで、壁で思い切り頭を打ってしまい床に倒れてしまいました。
すると男は私の顔を覗き込んで口の中に指を突っ込んでくるのです。
気持ち悪くて必死で抵抗しましたが無理矢理口を開かされました。
男の指が口の中で何かを探すように動いています。
また吐きそうになりましたが、もう胃に何も残っていないのか、オエっとなるばかりで何も出ません。
もう本気でイヤになって、口の中の指を噛むとサッと引っ込みました。
口の中にヌルヌルしたものが残って、それが生臭くて、その日は食事も喉を通りませんでした。

食事は二人目の男(車を運転していた)が運んできてくれますが、運び終わると部屋から出て行きます。
私と最初の男の二人で食事をするのですが、私は手錠をはめられているので上手く食器が使えません。
それでも何とか両手でフォークを使って食べるのですが遠くの皿には手が届きません。
そんな時は男が私の方に皿を寄せてくれるのですが、どうやら男は口が利けないようで時折うなり声のようなものを上げながら皿をこっちへ押しやってくれました。
男はフォークやスプーンを上手く使えないようで、やたらと手を使って物を食べます。
日本人ではないのかな?と思いましたが、もう一人の男が彼のことを「ヒサユキ」と呼ぶので、考えをあらためました。

食事の量は2人分にしては多いと思ったのですが不思議と全部食べられました。
男達は毎日連れ立って外出するのですが、ドアに鍵を掛けていくので外には出られません。
声を上げようとするのですが、元々大きな声を出せない体質な上に、喉が絞られているようで声が出ませんでした。
しかも、男達が外出している時は音楽がフルボリュームで鳴っていてちょっとした物音はそれでかき消されてしまいます。
また、その音楽を聞いていると私は気分が悪くなって、立ち上がるのもしんどくなるのです。
それに服を取り上げられているので、見られてしまうのが怖くて窓を開けることも出来ませんでした。
ただ、男達が私を襲ったりするようなことはありませんでした。
動かしたい時に手を掴んで引っ張るようなことはあったのですが、普段は体に触れる事もありませんでした。
どちらかと言えば、それを避けていたような感じでした。

食事以外の時間は、ひたすらボーっとして過ごしていました。
新聞もないしテレビもないので家のことや友達のことなんかを考えて過ごしていました。
最初のうちは良く泣いていたのですが、いつのまにかあまり涙が出なくなりました。
気持ちは辛かったのですが途中から他人事のように思えてきたのです。
正直なところ、普段何をしていたのかはほとんど覚えていません。
一番イヤだったのは眠ることでした。
寝る時には必ずヒサユキと呼ばれている男が私の横へピッタリと身を寄せてきて最初はそれが気味が悪いくてなかなか眠れなかったのですが、やがて眠ってしまいます。
すると夢の中で何か得体の知れない影のような形のないものが私の体を乗っ取るのです。
それで外を出歩く夢を見ます。

夢の中でも私は裸で、それがすごく恥ずかしいのですが体は言うことをききません。
最初は露出狂の欲求があるのかと落ち込んだりしたのですが毎日のことですし、ずっとイヤだと思っていたので、多分違うんだと思うように、操られてさせられているんだと考えるようになりました。
夢の中の私は悪いことをしました。
動物を殺したり人の家に物を投げ込んだり、魚を盗んでまき散らしたり。
一度、道で犬を殺して死体に顔を突っこむ夢を見て、その時はあまりのことに夢の中で意識が飛びました。

気が付くと朝で辺りがなんとなく生臭い匂いがするような気がして、その場で吐きました。
顔を洗いに行くと口に血が付いていました。
夢が本当になったのかと真剣に怯えましたが確認はできません。
それからも似たようなことが何度かありましたが、同じ事です。
私には確認のしようがありませんでした。
夜中に目が覚めると、男の顔が目の前にあることが良くありました。
そんな時は必ず目が開いていて、私を見ているのですが私を見ていない、そんな感じでこっちを見つめていました。
それがイヤで私は目を逸らそうとするのですが、体を乗っ取られているので自由が効かないのです。

しばらくヒサユキの顔を見せられてから、私の体は冷蔵庫の方へ向かいます。
毎回そうでした。
冷蔵庫の中からハムや卵や干物なんかを取りだして、それをそのまま食べます。
卵も生のままで、見ているとすごく気持ちが悪いのですが、おいしいという気持ちが湧いてくるのです。
味は変わらないのにおいしいと思ってしまうのです。私はそれがすごく怖ろしく感じました。
体が別の物になっているような、操られているというより、自分の体が別のものになって私の意識がどんどん小さくなっていく感じ。
上手く表現出来ませんが、体の端の方から別の生き物(獣)になっていくような感じです。

最初は夜だけだったのですが、だんだん昼にもその感覚が出てくるようになってきました。
冷蔵庫の中の物を食べた私は、ヒサユキの所にも同じ物を持っていきます。
それを目の前に置いても男はピクリとも動かないのですが、朝になると卵の殻やビニールの包装なんかが目の前に転がっていました。
そんな生活がどれくらい続いたのかは、その時は分かりませんでした。
最後の方は時間の感覚が無くなっていたからです。
ヒサユキは、だんだん部屋から出ることが少なくなって、あまり動かなくなっていたのですが、もう一人の男は無理矢理な感じで連れ出していました。
なにか必死で頼んでいるみたいでしたが、良く解らない言葉だったので何を言っているのかは分かりません。
男達は二人ともだんだん狂ってきてたのだと思います。
私もおかしくなっていました。
記憶は飛んでいるし操られている感覚がずっと続いていたし、話す相手がいなかったせいか口も利けなくなっていました。

ある日、私は気が付くと外にいました。
ちゃんと服を着ていたし懐かしいような風景だったので、なんだかすごく安心しました。
夢だと思っていましたが、人がこっちへやって来て何か聞いてきました。
私の方へ寄ってきて「大丈夫か」と聞きました。
その時、私は乗っ取られた状態だったので、すごく暴れました。
心の中では嬉しかったのですが私の体を操っているものがすごく抵抗したのです。
でも逃げようとしているわけではなくて相手をやっつけたいと思っているのが伝わってきました。

結局、何人かで取り押さえられて、そのまま病院へ運ばれました。
警察の人や医者の先生にいろいろ質問されましたが私は話すことが出来ませんでした。
それどころか、ちょっと気を抜くと暴れたくなってしまうので必死でそれを押さえていました。
ただ体が別の物になっている感じは無くなっていました。
やがてお母さんが会いに来てくれましたが、その時はもの凄く嬉しくてやっと涙が出ました。
操られている感覚がスーッと弱くなりました。

それから、しばらく入院しました。
外傷性のストレス障害ということで結構ボロボロだったみたいです。
最初は喋れなかったのですが、1ヶ月くらいで親と先生とは少し話すことができるようになりました。
しかし誘拐されたことは話しませんでした。
みんなは何処にいたんだと聞いてきましたが、なぜか話す気にならなかったのです。
もの凄く怖かったのです。
話すとまた乗っ取られるような予感がして。時々は暴れたりもしました。
今思えば父や母、周りの人たちには迷惑を掛けていたと思います。
しばらくそんな状態が続きましたが、今は大分回復してあの夢も見なくなりました。
それで母親にだけは後から誘拐のことや夢のことなんかを話しました。
母は信じてくれたようです。
時期が来たら、医者の先生や警察の人にも話した方が良い、とも言いました。
それについてはちょっと迷っています。
また入院させられるのではないか、と思うのです。

これを読んでいる人は、この話が突拍子もない話だと思いますか?
私はまだおかしいのでしょうか?
最後にちょっと私の考えを書いておきます。
それは、あのヒサユキという男のことですが、彼はもともと口を利けなかったのではないかと思うのです。
それどころか体も動かせなかったのではないでしょうか?私の体を乗っ取っていたものがあの男の体を動かしていたのだと思うのです。
証拠とかは無いんですが、乗っ取られていた時の感じでは、普段はあの男の体を動かしていて時々私の所へ乗り換えているように思えました。
私が完璧に操られていた時は男は動いていませんでしたし。
でも昼間でもそいつの一部は私の中に居たんだと思います。
今もいるのかもしれませんが、よくわかりません。
ただ、そいつがいないとあの男は生きていけないのだと思います。

277 名前:コピペ2 投稿日:03/08/15 22:57
皆さんの意見を聞かせてください
投稿日 2001年6月22日(金)21時52分 投稿者 夢見るMADOKA [*****.ppp.*****.ne.jp]

■関連記事
小屋の二階

人気ブログランキング

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。