呼び戻してはいけない

うちの母親のいとこの親戚のおばさんの話を書いてみるよ。
このおばさんは当時60代後半で小学校の先生をずっとやってた人なんだ。
家族運のない人で、旦那さんを病気で亡くし一人息子だった人もだいぶ前に亡くなってる。
これは海での事故だったはず。
そういう不幸があったんだけど本人はすごく明るくて、ただ家族のかわりなのか室内犬を飼ってかわいがってた。

親戚の世話を焼くのが趣味みたいな人で、実際いとこの中にはおばさんの教え子の中から嫁さんを世話されたのが2人いる。
それからある親戚の一人が大借金を背負ったときには学校の退職金からお金を融通してやったこともあったらしい。
生活のほうは自分の年金と旦那さんの遺族年金があっただかで何不自由ない一人暮らしで正月のたびに高額のお年玉をもらったもんだよ。
そんな人だったから病気になったときには親戚一同が入れ替わり見舞いに行った。

心臓の筋肉の病気だったんだけど、いよいよいけないって病院から連絡が来たときには親戚中で集まってベッドを取り囲んだ。
心電図が弱くなってきて呼吸も弱って時間の問題だったろうけど、そのときに女のイトコの一人が泣きながら
「おばさん死んじゃだめ、戻ってきて」
って耳もとで叫んだんだ。
そしたらそんなことしちゃいけないんだろうけど、つられたように親戚の何人かがおばさんの枕元にかけ寄って口々に「死んじゃだめ」「いかないで」って大きな声を上げた。
中には手を握って揺さぶってる人もいた。
それまでのおばさんのしてくれたことを思い出して、そのときは親戚のみんなが心が一つになったような感じだった。

するとそれが効いたのかわからないけどおばさんはそこから持ち直したんだ。
「ありえない、みなさんの呼びかけが効いたんですかねえ」
と言って医者も驚いていたよ。
こっからはうちの母親から聞いた話。
母親ともう一人若い親戚が病院に泊まり込んでたんだけど、意識が戻ったようですという知らせで病室にいってみると全身点滴やら酸素やらのチューブだらけのおばさんは薄目を開けてシーツから黒くなった顔を出してたけど、母親らの顔を見てとると大きく目を見開いて、しわがれ声で
「……お前ら、何で呼び戻した 息子と○○(ご主人の名前)が迎えにきてよい気持ちで光の中に入っていこうとしたのに……なんで呼び戻した!!」
恨みのこもった声でそういうと首だけそっぽを向いてしまった。

それから
「苦しい、くるうしいいい!!」
と叫んて手足をばたつかせだした。
ついていた看護師さんが取り押さえて医師の先生が来て鎮静剤を打って母親らは病室から出された。
だけど意識が戻ればすぐまたそういう状態になるんで、もう面会もできないからっていって母親らは帰って来たんだな。
それからは親戚のだれかが見舞いに行こうとしてもおばさんが拒否するんだ。
その理由が
「親戚たちが生き地獄に堕としたから」
とにかく誰とも会いたくないというおばさんの希望で身の回りの世話は本人が頼んだ付添婦がやっていたということだ。

それから3ヶ月くらい入院してたけど心臓のほうはかなりよくなったものの原因不明の全身の痛みはとれず、ただ日常生活はなんとかできるようになったんで退院することになった。
実際のところは人が変わったようにすべてが気に入らずに悪態をつくおばさんを病院がもてあましたんだと思う。
退院の日も親戚たちで手伝いにいこうとかお祝いをしようとか、おばさんに連絡したんだけど電話の返事は
「……お前らの顔も見たくない、お前らのせいで生き地獄に墜ちた」
という感じでとりつくしまもない。

親戚の中で飲食店を何軒か経営して羽振りのよい一人が、おばさんを引き取って世話をしようと病院まで訪ねたけど花瓶を投げつけられて帰ってきたという話。
それからおばさんの犬は入院中うちで預かって世話してたんだけど、おばさんが退院してタクシーに乗るときに隠れていた母親が抱いてかけよって見せたら、すごい顔でにらんでものも言わずにひったくったということだった。

おばさんは旦那さんが生きていた頃に建てた広い自宅に戻ったけど1週間に1回か2回、老人車というのか歩行車というのかな、あのもたれかかることができて買い物をのせることができるやつ、あれで外出するだけだで黒い和服を着てものすごくやせて骨張って目をぎょろぎょろさせながら黙々と歩いているのは通りかかった小さい子どもなんかが見たら泣きだすくらいの様子だったらしい。

こっそり様子を見てきた母親も気の毒とかかわいそうというよりおぞましい、禍々しいという言葉がふさわしかったんだって電話をかけても出ない。
訪ねていっても家に入れてくれない。
玄関に鍵をかけて、声をかけると中からどかどかと扉を蹴っている
「なんで戻した、なんで呼んだ なんで死なせてくれなかった 生き地獄に墜ちた」
とがなるばっかり。
そんなだったんで親戚もしばらく寄りつかなくなった。

それから一ヶ月くらいして、こうしてもおけないだろうってんで老人施設に入るか再入院を勧めるために男の親戚数人で会いにいったら玄関の鍵が開いてて、中に入ってみたらおばさんは布団の上にうつ伏せになって亡くなってた。

旦那さんと息子さんの位牌を胸の下に抱いて死後そんなにたってないがずなのに家の中はすごい臭いがして死亡診断した医師の話では両足のふくらはぎのあたりまで、それから背中が壊死してたってことだ。
つまりその生きながら腐ってたということらしいんだ。

それと臭いの原因は他にもあって、台所ではおばさんが飼っていた室内犬が腹を引き裂かれて死んでいて、これはだいぶ時間がたってた。
おばさんが亡くなってた寝室の壁には血膿とおそらく糞尿で大きく「う・ら・む」と書かれてて、それからアルバムの写真、旦那さんと息子さん以外の親戚やおばさんの友人が写ってるやつは、みな細かくちぎられて散らばってた。

それだけじゃなくおばさんが大事にしてた昔の教え子の小学校の卒業アルバム何十冊もあるんだけど、それもすべてハサミとか使わないでよくもこんなというくらい小さくちぎられていた。
これで話は終わりだけど、母親は
「病院で危篤状態のときに呼び戻したりしてはいけなかったのかもしれないねえ」
と話していた。

「生き地獄に墜ちた」というのがどういうことかわからないけど、とにかく何かの霊界へいく仕組みとかが狂ったんだと思う

131 :本当にあった怖い名無し:2012/10/10(水) 22:57:56.53 ID:FrbJS0Bd0 より

人気ブログランキング

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。