はなすな

今まで怖くて誰にも話せませんでしたが、ようやく踏ん切りがついたので話そうと思います。
これは私の実体験です。
小学5年生の冬のこと。
私は当時、生徒会の副会長を務めていました。
しかし所詮は小学生の生徒会。
言ってみれば先生の雑用係のようなものです。
その日は雨が降っていました。
じゃんけんに負けた私は、一人生徒会室で雑用をしていました。
単調な作業にうんざりしながら気がつくと時刻は午後6時。
生徒会担当の先生が教室に入ってきて、もう遅いから今日はこの辺で帰るようにと言われました。
雑用から解放されていざ帰ろうとすると季節柄か辺りはもう真っ暗です。
おまけに朝から雨が降っていて寒いこと寒いこと。
早く帰ろうと、足早に家路を目指しました。
学校から家までは一直線でおよそ1キロほど。
そのちょうど真ん中辺りには大きな公園があって、その敷地内に小さな神社があります。
神社には社務所もありますが不思議と人の姿を見たことはありません。
また、公園も広いのに何故だかウチの小学校の子供は、この公園では遊びませんでした。
特に因縁話とか、奇妙な事件とかがあったわけではありません。
でも何故か遊ばないのです。
帰りがけにその神社を見て、私はふと敷地内に足を踏み入れました。
何故かはよく覚えていません。
ただ、なんとなく肝試しのようで少し興奮していました。
神社は薄暗くて薄気味悪い雰囲気に包まれていました。
私は神社をぐるっと一周して帰ろうと思い裏手に回りました。
すると角を曲がってすぐそこに人が立っていたんです。
黒っぽいコートを着て傘も差さずにその人は立っていました。
薄暗かったので顔はよく見えませんでした。
びっくりして立ち止まると、その男の足元に猫が内臓のようなものをぶちまけて横たわっていたんです。
状況がよく理解できず、ぼけっとしていると、その人が
「はなすな」
って低い声で言ったんです。
その声で男の人だと判ったんですが、瞬間怖くなって逃げ出しました。
家に帰ってもまだ怖くて、母親に今の出来事を話そうと思ったんですが、話すことさえ恐ろしくて結局誰にも言いませんでした。
それからしばらくはとにかく怖くて、その神社には近寄りもしませんでした。
ちょっと時間が流れて、今度は高校一年生の夏の時の話です。
当時、私はある部活に入っていましたが、その部活というのが高校生の分際で年2回ほど盛大な飲み会をする部活でした。
まぁ私も生真面目とは程遠い人間でしたので、それに喜んで参加しました。
一次会を終えて家に帰る者、オールナイトで遊ぶ者と別れることになりました。
私はオールナイトに参加したかったんですが、親が口うるさいので仕方なしに家に帰ることにしました。
電車に乗って地元の駅に着くと、自転車置き場まで歩きました。
時刻は確か午後9時を回ったあたりでした。
ふらふらしながら自分の自転車を見つけて帰ろうとすると、前方からスーツ姿のおじさんらしき人が千鳥足で歩いてきました。
背中に誰かを背負っているようで、この人たちも酔っ払いなんだろうなと思いました。
でも、よく見ると奇妙なんです。
普通人を連れて歩くとき肩を貸すとかおんぶするとかですよね。
なのにその人は何もせず後ろの人がただ首にぶら下がっているだけのようでした。
変だとは思いつつも自分も酔っ払っていたので気にせず帰ろうと思い、その二人組みの横を通り過ぎようとしたんです。
そうしたら、またそこで
「はなすな」
って、あの声が聞こえたんです。
それまでずっと昔のことは忘れていたのに、その一言で全部思い出してしまいました。
直感的に、その声があの時の男の人の声だと判りました。
後はもう怖くて怖くて仕方がなかったので、振り向きもせずに自転車を走らせて家に帰りました。
次の日、昼ごろ目が覚めてやや遅い朝食を摂っていると母親が私にこう告げました。
「あんたがいつも自転車置いてる、駐輪所があるでしょう? 昨日の夜、そこで男の人が死んでたらしいわよ。あんた何か見なかったの?」
私は何も見なかったと母親に告げると部屋に篭って震えてしまいました。
死んだ男が果たして昨日見た男だったのか、知りたいとも思いませんでした。
その後冷静になると、もしあの日、自転車置き場で自分を目撃した人がいたら警察が事情聴取にくるかもと思い、別の意味で怖かったのですが幸いなことに警察は来ませんでした。
男の死も事件性はないものとして扱われたのではないかと今では思っています。
そして更にもう一度、この謎の男に遭遇することがありました。
大学3年生の秋ごろ。
私の通っていた大学は非常に遠くて、片道3時間ほどかかっていました。
普通なら大学の近くにアパートを借りたり下宿したりするんですが、家庭の事情というやつで私は往復6時間を通っていました。
その日は、大学の近くに住んでいる友達の家に泊まる予定だったんですが、夜の9時に近くなった頃に友達に父親から電話がかかってきました。
どうもお母さんが突然倒れたとの事。
友人はすぐさま実家に帰ることとなり、私もまだ電車の時間があったので家に帰る事にしました。
3時間ほど電車に揺られて、日付が変わろうというころに地元の駅に到着。
改札を出ると、そこに人だかりがあるんです。
好奇心に駆られてその人だかりを覗くと、若い女の子が路上に倒れていて友達らしき女の子が大騒ぎをしているのが見えました。
酔っ払って急性アル中にでもなったんだろうと、興味をそがれてその場を後にしようとしたんですが、その時見てしまったんです。
倒れている女の子を見ている野次馬の中に、黒いコートを着た男の姿を。
はっきりと顔を見たのは初めてです。
でも、その時何故だか解りませんが、その男が過去2回遭遇したあの不気味な男なのだと理解してしまいました。
年齢はおそらく30後半から40ちょっと。
目が異様に落ち窪んでいて、頬は痩せこけていました。
髪はぼさぼさで、自分で刈ったような感じ。
倒れている女の子を見ていたそいつは、薄笑いを浮かべているんです。
もうとにかく気分が悪くなって、逃げるようにその場を後にしました。
その時、やっぱり聞こえてきたんです。
野次馬のざわめきや車の走る音、大騒ぎしている女の子の声とかで、辺りはかなり騒々しかったはずなのに、過去二回聞いた声とそっくり変わらない口調で
「はなせ」
って。
即効でその場を逃げ出しました。
二十歳を越えたのに、みっともなく布団に包まってガタガタと震えたのを覚えています。
それ以来10年ほど経ちますが、今のところその男には遭遇したことはありません。
しかし、今でも気になることがあります。
男は一体なんだったのか。
男の言った『はなすな』とは何だったのか。
『話すな』なのか、それとも『離すな』なのか。
そして、三度目は何故『はなせ』だったのか。
いくら理解しようとしても全然解りません。
178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 21:21 より

人気ブログランキング

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。