奇祭

20年前、人口100人くらいの島の人と教授の研究のため何年もかけて交流したことがある。
祭りの時期に合わせて1ヶ月泊まりで教授の聞き取り調査なんかに同行した。
でもほとんど島の子供と遊んでただけ。
なんにもない島で、島の半分がお墓だからということでその部分には島の子供は絶対に近寄らない。
海がすごくきれいで、島と島の間に干潮時は道ができて歩いて渡れる、すごくキレイで夢のような場所だった。

その島では奇祭があり、夜通し村の男の人がお面をかぶって白い衣装を着て、太鼓のようなものを叩きながらたいまつを持って村中を練り歩く。
教授から、この祭の夜は絶対に一人で外に行ってはいけない。
宿なんかないから船着場の一室に寝泊りしていたんだけど、鍵をかけて、誰かきても絶対に入れたらいけないと念を押されていた。

私たちの部屋には一緒に行ってた男の子3人と村の小学生の女の子2人と私とあと二人の女の子がいた。
窓にはガラスが入ってなくて格子だけがあったから、外を歩いてる人の姿をちらちらと見ることはできる。
昼間に船に乗せて漁に連れて行ってくれたり、他の日の夜に地元料理を教えてくれたりしたRさん(40代のおじさん・当時私は10代)の声で、部屋のドアを開けろと言われた。
シャワー室があったんだけど、そこの窓から手を入れたり松明を投げ入れられたりした。
やさしいRさんの変貌ぶりに女の子みんなでガクブルしてた。

一人の女の子が、あまりの怖さに教授とそのほかの男の子を呼んでくる!と外に飛び出していった。
その子をTちゃんとする。Tちゃんが飛び出していったあと急いでドアを閉めて鍵をかけた。
Tちゃんはすごくかわいい顔をした子でRさんの狙いはTちゃんだったみたいで彼はTちゃんを追いかけていった。
Rさんと一緒に来てた何人かの男の人も一緒に追いかけていったから船着場はシーンとなった。

村は車が入れないような狭い路地がたくさん入り組んでいるような場所で、誰かと鉢合わせすると逃げられない。
村には街頭なんかもない。村人が持ってる松明の明かりだけが頼り。
でもそのおかげで、松明の明かりがちかづくと人がいるってことで物陰に身をひそめてやり過ごすことができたんだそう。

祭りのクライマックスは、村の真ん中にある祠に祈祷師が入っていて祭りの間中何かを祈念するんだけど、その神託?が降りた時。
その神託が降りたら、村の女性みんなでその祠を囲って一晩中踊り狂う。
その間中、男たちは松明を持って村を歩いてる。
私はTちゃんが心配になって男の子2人と一緒に外に出た。

そのとき陰に隠れてた村の人が出てきて、私を見て『チッ』と言ったのが印象深い。
祭をにこやかに楽しんでいた教授は部屋の外に出てきてたTちゃんを見つけて血相変えて怒ってた。
私たちも後で合流して祭が終わるまでTちゃんと私を教授と男の子で囲んで座ってた。
お酒や料理をいただいて村人とほがらかに話してた男の子や教授を見て、なんで部屋から出るなって言ったのかな?なんて思ってた。
でもお面かぶった村人を絶対にTちゃんや私に近づけなかった。

あとから教授と一緒に祭に参加してた男の人に、あの祭りの時は男性が女性をむりやり犯してもいい日なんだと聞いた。
だから女の子には外に出るなと言われていたみたい。
小学生の女の子は地元の子だったけど、そういえばその子たちのお母さんたちは深刻な顔でうちの教授に頭を下げていたの思い出した。

怖いのが、その祭の日に身ごもった子供は名前も付けられずに戸籍も作られずに、島の半分のあるところで育てられて一生差別されて生きるとか。
狭い島で上も下もなく人がみんな50歩100歩の村で生きていくことは人間にはできないから、そうやって差別される人間を作ることで精神の安定を図っていたと聞いた。
今はそういう子供たちはいないらいしいけど、ほんの50年前まではいたとか。
人間て怖いな~と思った。

この話、書いていいのかどうか迷ったけど、もっと詳しい人いないかな?と思ったので投下してみる。
20年ずっと心にひっかかってたんだ。
ちなみに教授の手伝いしてたのは男の子だけで、その彼女たちが付いてきてただけなので女性陣は何にも知らなかったんだ。

そうそう、歓迎の宴と言って、その瞬間までカワイイと撫でていたヤギを目の前でしめられヤギ肉のスープを振舞われたのは精神的にきつかったです。
食べれなくて、教授に村の人に失礼だと言って叱られました。

300 本当にあった怖い名無し 2011/08/13(土) 11:29:22.06 ID:XZBk9m760

人気ブログランキング

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。