温泉

俺の地元は温泉で有名な所なんだがそこに1ヶ所だけいわくつきというか絶対に入ってはいけないとされる温泉がある。
なんでも昔そこで掘削作業中に事故があったとか、まあそこで起こった話。

当時都会の大学に通ってた俺は某県の田舎の実家に帰り集落に残って農家を継いでいたAと地元の大学に進み同じく帰省していたBと再会した。
小学校時代から幼馴染だった俺らは20歳を超えて始めて会うこともあり酒も入って夜中まで騒ぎまくってた。

午前2時を回り流石にトーンダウンしそろそろ解散するかと言い始めた頃、突然俺の頭の中に例の温泉のことが思い浮かんだ。
なぜだかは分からない。

小学生の頃にAの言いだしっぺで1度だけ近くまで3人でその温泉の近くまで行ったことはあった。
入ろうとしたところをたまたま山道をトラックで降りてきてたおっさんに見つかって怒鳴られたんだがその場でトラックに乗せられ
「あそこは入っちゃいかんだろうと親から教わらなかったか!」
と何度も怒鳴られ、山を降りると電話で親を呼ばれお袋が引き取りに来た。

お袋が迎えに来て勿論家に帰っても親父と一緒に散々叱られるんだが、どうしても納得できなかった俺はその晩寝る時にお袋に
「大人になったら入ってもいいの?」
と聞いた。
お袋は「あんたが大学に行くくらい大きくなったらね」とだけ言った。
勿論寝る前に発した冗談だったのだろうがその一言を俺はなぜか忘れることが出来なかった。

なぜかあの温泉に行きたくなった。
あのお袋の一言を信じるわけではないが、また3人で昔みたいに冒険したくなった。
帰り際2人にその話をぶっちゃけると意外にも承諾してくれた。
2人とも昔みたいにみんなで冒険したいのだとw
しかもAによれば今は昔ほどタブーな地ではなくなってるらしく、周囲の山道が整備されたのか1年に数回は勘違いした観光客が温泉につかるまではいかなくても足を踏み入れてしまうらしい。
勿論彼らの身には特になにも起こってない。地元の連合がしつこく電話して確認してる
ただ今から行くのは流石に気が引けるので3日後の昼間に行くことで2人とその晩は別れた。

出発当日。その温泉がある山に足を踏み入れた俺たち。
山道をアスファルト道に整備する過程で木を大分伐採したのか小学生の頃よりは日光が入ってくるようになっており暗さからくる怖さはだいぶ安らいでいる。
2kmほど歩くと例の温泉に入る山道が見えてきた。
山道の入り口の“この先危険、入るな”という木の立て看板を無視し、ずんずんとその山道を歩く俺たち。

○○温泉と消えかかった文字で書かれた木の看板が見えると、ついに脱衣場になるように作ったであろうスペースに到着した。
かなり昔のものだから蜘蛛の巣が這ってるわ足場は悪いわで無茶苦茶。
だが肝心の温泉はちゃんと湧いておりぎりぎり奥が見えるかどうかの透明感がある。
ただ管理されてないだけあって温度は50℃~60℃だろうか、相当熱かった。
流石に入浴するのは無理なので足湯だけで済ますことにした。
足湯でくつろいでる途中、一番この温泉の歴史、怪奇現象に詳しいAが色々と話してくれた。

その昔この町が温泉バブルに沸き、いい湯が湧き出てるとされるこの地も整備しようということ話になったこと。
整備は順調だったが、ある日掘削機器の不備による事故でかなりの死傷者が出たこと。
その後作業を再開しなんとか完成にこぎつけたものの、作業中は怪我人や体調不良になる者、怪しい人影等を見た者が多発し散々だったこと。
完成し営業を始めたはいいものの、怪奇現象が多発したこと。

・入浴してるといきなり湯の中から足を掴まれる
・いきなり作業着を着たおっさんが入ってきてそのおっさんと目があうとのぼせ気味になり失神する
・いきなりお湯の温度が上がり、湯船から出ようとするも金縛りにあったように動けず大やけどを負う
・髪を洗ってると肩に誰かの手の感覚、だが振り向くと誰もいない

結局重傷を負う人も出てきたので町が強引に閉鎖させたらしい。

だが俺たちがいる間はそのような現象も起こらず、もう事故から何十年も経ってるから祟りも薄まってきてるんだろうなあということで笑いながらその温泉を後にした。
だがその晩俺が家の風呂に入ってる時から事態はおかしくなっていく。
その晩いつも通り風呂に入ってくつろいでた俺。

髪を洗おうとシャンプーを頭の上で泡立ててた時だった。
頭の上で増えていく泡に違和感を感じた。
明らかに手の平の上にとったシャンプーの量に比べて泡立ちすぎなのだ。
よく泡立つシャンプーにでも変えたのかなと俺が思ってるうちに泡は異常な速度で増えていく。

異常を認識し目をあけた瞬間、風呂中に泡立った泡が俺の顔を覆いつくしてしまった。
いざ泡に囲まれてみるが分かるが圧迫感が凄く息が出来なくなってしまうのだ。
泡一面の中なんとかドアに手を掛けようとするも目がやられてしまい中々手が届かない。
やっとのことで手が届いたものの今度はドアが動かない。家の風呂のドアに鍵などついてないというのに完全に手詰まりになり命の危険を感じ始めた俺は必死に親父やお袋のことを叫び始めた。
そして足をばたつかせなんとか自力でもドアを開けようと試みる。

その時誰かが俺の脚を掴みドアとは反対側の方向へ引っ張り始めた。
冷たい手だ。間違いなく風呂の中に誰か他にいる。
家の風呂は俺がギリギリ横になれるくらいの広さしかないのだが、その時は長い間足を掴まれ引きずられた記憶がある。
その手の主は俺をどこに連れて行こうとしてたのか。

数秒後叫び声を聞いて駆けつけた親父によって失神されてる俺が救出された。
ただ現場を見たはずの親父によれば大量の泡なんて全くなかったし、勿論風呂の中には誰もいなかった。
ただ俺がそこに失神してただけだということだった。

約1時間後、意識を取り戻した俺はこれは間違いなくあの温泉の祟りだと確信した。
すぐにAとBに連絡を取りAとは連絡がついたが、B宅に掛けるととんでもないことになっていた。
電話に出たBの妹が言うにはBが風呂で滑って転び頭を強く打ち、ドアのヘリの部分に打ちつけ意識がないのだと。
すぐに2人で病院に行き一晩中病院で過ごしたものの結局Bの意識は戻らなかった。

次の日の夜Bは死んだ。
昼間には俺たちの問いかけに反応するまで回復したのだが夜になり容態が急変、そのまま亡くなった。
Aに俺の経験したことと伝えこれは間違いなく祟りだろうと伝えた。
Aは昨日の晩風呂に入る前に俺から電話が掛かってきて助かってたが祟りだろうという認識は一致した。
しかもAはBの妹からとんでもないことを聞いていた。
Bはあの温泉に行って足湯につかった時、何者かに足を掴まれていたという。
Bは俺らを不安に思わせないよう黙っていたのだろうか。

Aと俺は強い責任を感じた。
タブーではなくなっているというデマを教えてしまったA、そもそも最初に行こうと言い出した俺。
結局それで一番関係のないBを巻き込み死なせてしまったのだ。
Bの家族にこのことを伝えたらどんな顔をするだろう、Aと俺は然るべき時が来るまで黙っていようということで一致した。
しかしBの妹が誰かに吹聴したのだろうか、Bが例の温泉の祟りで死んだということは田舎のこの町に噂としてあっという間に広がっていった。
それは勿論あの日俺が風呂で失神していたのを救出した俺の両親に耳にも入ることになった。

しつこく問い詰められた俺はついにあの日3人で例の温泉に行ったことを白状することになった。
すぐにAの家族、Bの家族、俺の家族と地元の温泉連合の人たちが集まることとなった。
Bの母親は俺とAを白い目で見つめていた。

連合会長の爺さんに会合が始まるや否や
「お前はあれほど立ち入るなと言ったのに!」
と怒鳴られた。
連合の人たちから
「あの温泉の怨念は弱まるどころか年々高まっており、観光客が立ち入ってしまうのもそのためだ。立ち入った観光客は何者かに引き寄せられるかのようにあの温泉に入ってしまったと皆話している」
と聞かされた。

そしてあの温泉の名はこちらの地方の古い方言で「二度目、再び」という意味であり、祟りも2度あの温泉に立ち寄ったものに降り注ぐというのだという。
会長さんは
「Bは1度目か2度目か知らないがなにかあの温泉の霊たちにとって気分を害することをしてしまったのかもしれない」
と言った。

更にお袋からもとんでもないことを聞かされた。
小さい頃俺らが温泉に入ろうとしてたまたま通りかかり俺らを連れ戻したトラックに乗ったおっさん。
あの人はてっきり地元の人だと思っていたが、お袋によればあんな人は見たことなく、当時もAとBの母親と不審に思っていたという。
そして連合の人に相談しもしやと思い例の温泉の事故によって亡くなった人の写真を見ていくと、おっさんとよく似た人物がいたのだとか。

「あの温泉に立ち入るなとわざわざ警告してくれた……それなのに……」
お袋は泣き崩れた。
連合の人によればこの地からなるべく離れること、お払いされた桶を渡すからそれを風呂場だけではなく事故の危険がある水場の近くに行く時はなるべく持ち歩くことが祟りを絶つ方法だと教わった。

俺と両親はこの地を離れる覚悟をした。

これで大体の経緯は終わりです。
Aもあの土地を離れようとしたのですが、両親から
「代々農家として暮らしてきた私達もあんたも都会に出て暮らせるわけがない」
と猛反発を受け結局残ることになってしまいました。

そして周りからの避けるような視線、Bを死なせてしまったことへの責任感、いろいろなものが積もっていたのでしょう。
数回その土地から離れたところでAと会ったのですがその苦悩はよく分かりました。
自分もAだけにB死亡の事故の責任を取らせまいと必死に励ましたのですがAは昔から悩みを自分だけで抱え込みやすいタイプなので中々事態は進展しませんでした。

自分もAがこのままではどうにかなってしまうのではないかと思っていたのですが、ちょうど就職活動で多忙なこともあり最後の1年は結局Aとは会えずじまいでした。
Aが自殺したと連絡を受けたのはなんとか就職も決まり、もう1度Aと会おうとしようとしていた矢先のことでした。

葬式には勿論出させてもらえなかったので断片的にしか情報はありませんが、風呂の中でリストカットし死亡してたとのことでした。
その場にお払いされてた桶があったかどうかは分かりません。
ただA自身の意思で自殺という選択肢を選んだとすれば、それは最早祟りとは関係なくなってしまいます。
ただ何者かに引き寄せられるように風呂での死を選んだとしたら……やはり祟りということになってしまいます。

死亡に至る経緯はどうあれ結局自分は2人の親友を亡くしてしまいました。
この事件のきっかけを作ったのは自分です。
そしてBがそのあおりを食らった形になって死にました。
そして自分だけ逃げることができる立場なのをいいことにAを放置して結局Aも死なせてしまいました。

桶のお陰か今でも周りに不可解な現象はあまり起きません。
しかし最近自分は最早○○温泉の霊よりもAとBの2人に祟られてるような気がしてきました。
今でもあの温泉はあるのでしょうか、自分にはよく分かりません。
最後は懺悔のようになってしまいました。
申し訳ありません。
これで終わりです。

540 温泉 2012/08/29(水) 18:36:54.01 ID:mEGWTIIw0 より

人気ブログランキング

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。