大学時代の下宿先

親戚繋がりで知り合った方が元同人活動してたんだけど、その人が体験した話をしますね。
一応その方をTさんとしておきます。
この話、過去に一度聞いたんだけど、より詳しく聞く為に(てか、ここに載せる為に)先日会って出来るだけ細かい所まで聞きました。
なので少々長くなると思いますがご容赦下さい。

Tさんは前述の通り既に同人活動を引退してるんだけどTさんが同人現役だった20年位前の話。
その頃のTさんは大学生。
それに加えて貧乏。
なのでとにかく激安下宿を探して即決。
まあ安いには安いなりに理由がある訳で、まず建物がヤバイ位に古い。
そしてトイレ・台所・風呂は共同。
けど下宿には部屋が幾つもあるのに住んでるのはTさん1人。
だからトイレも台所も風呂も 実質Tさん専用。
更には大家さんが
「アンタ(Tさん)が出たら取り壊す予定だから、好きに使って良い」
なんて言う。
学生にとっては理想的な環境だね。
そんな環境なもんだからTさんとサークル仲間(当時、Tさんは学生仲間で同人サークルを組んでた)は下宿を溜まり場にして暇さえあれば夜中から朝方まで騒いでた。
騒ぐって言っても、ただ酒飲んだりするだけじゃなくて、漫画やアニメ・自他問わず同人誌を仲間内で評論したり、皆で協力して同人誌作ったり(当時はパソコンを使わず、オール手作業)、これからの漫画やアニメ、同人についてとか好きな子の話とか大学の講義やレポートについての話とか。
ちょっと脱線しちゃうけど、Tさんは晴海や幕張でコミケが開かれていた頃の話や皆で協力し合って同人誌を作った話をしてくれた。
特に同人誌の執筆に関しては今よりも「人対人の、直接的な交流」が活発だったんだなと感じた。

話を元に戻します。
で、早速というか何と言うか。
下宿に来た同人サークル仲間の1人(以後、Uさん)が
「ここ、ヤバイなぁ、凄くヤバイ」
発言。
何がヤバイかって言うと下宿に結構強烈な奴が憑いてると。
その時集まってたメンバーは『U、何言ってんだよ、お前~』みたいな感じで軽く流したそうだけど、Tさんが1人になると、やっぱり落ち着かない。
だから下宿には頻繁にサークル仲間やら同じゼミの人間やらを呼んだり泊まらせたりした。
けど毎日必ず誰かを呼べるって訳でもなく、Tさん1人になる時もある。
そんな日は、早々に寝たりしてた。

でも、いつの頃からか、部屋の外(廊下とか共同台所とか)では幽霊が好き勝手に暴れるようになった。
誰かがひたすら廊下を歩いてたり一晩中ブツブツ言う奴が居たり、押し殺したような笑い声が聞こえたりとか。
その都度、Tさんは廊下を見回ったりするんだけど、誰も居ない。
けど部屋に戻ると再び廊下を歩く音やヒソヒソ声・笑い声がする。
つまり、ずーっと『幽霊のターン』状態。
Tさん的には、こんな和製ボーリー牧師館みたいな下宿はとっとと出たい。
けどTさんには引越し費用が無い。
いやそれ以上にサークル仲間が
「お前がソコを出たら、俺達はどこで同人活動するんだ!」
と大反対。
同人活動の場ってか騒ぐ場所が無くなるのがサークル仲間にとっては痛かったらしい。

そこでTさん、最初に下宿の異変を悟っていたUさんに相談した。
本当は大家さんにも相談したかったんだけど、大家さんは底抜けに良い人で何となく言い難くなって断念。
Uさんは解決策としてTさんに塩を盛らせたりした。
でもUさんは
「お前、早くここ出た方いいぜー。正直、俺じゃどうにも出来ないって。このままだと、お前喰われるぜー」
なんて事を言う。

普通だったらこんな下宿には絶対住めないけどTさんは2年間も住み続けた。
Uさんが色々してくれたって事もあるけど、やっぱりサークル仲間が頻繁に出入りしたり、可能な限り泊まってくれたりしたのが大きかったみたい。
でもやっぱり最後は出る事になる。

ある日の晩、Tさんは用事があって遅い帰宅をした。
暗い裸電球が点く廊下を歩き、自室のドアを開ける。
すると真っ暗な部屋のど真ん中に女性が仁王立ちしていた。
部屋は真っ暗なのに彼女の姿はシッカリ見えてしまった。
着ている服はボロボロ。
ボロボロ過ぎて良く分からないけど、多分着物。
で女性の髪は何故かぐっしょり濡れている。
その髪は異常に長く膝下ぐらいまで伸びている。
そんな人が真っ暗な部屋で突っ立っている。
しかもTさんにガン飛ばしてる。
それだけでも十分に恐怖だけど、Tさんが一番恐かったのは、彼女に『顔』が無い事だった。
目玉はちゃんとある。けど、その他のパーツが判別出来ないぐらい、顔が滅茶苦茶になってた。
ちなみに顔が滅茶苦茶なのに女性と思ったのは髪の長さと体型かららしい。

そんな人が真っ暗な部屋の中央に立って目玉だけギョロギョロさせてTさんを睨んでいる。
しかもその目の動きの早いこと早いこと。
せわしなく上下左右に目玉を動かし、Tさんの上から下まで舐めるようにガン飛ばし。
『絶対に人間じゃない、コイツは幽霊だ!』
Tさんは逃げようとするが、体が動かない。
相手はそれを悟ってか畳を擦るような音を立てながら、ゆっくりとTさんに近付いてくる。
その間も目玉はグリグリ動きまくってる。
『もう駄目だ、俺はコイツに殺される』
そう思った時、手に持ってたカバンが床に落ちた。
すると何故か今まで動かなかった体の自由が戻った。
もちろんTさんは即座に下宿を脱出。
脱出する時、背後から獣が吼えるみたいな声がしたけど、とにかく逃げた。

下宿から逃げ出したTさんは、結構遠かったけどUさんの家まで逃げた。
深夜にも関わらずUさんは起きていて、Tさんの様子を見るなり、
「出たか? 見たか? 女見たか? 見たなら、もう駄目だな。お前、もういけないよ。あそこは出た方がいい」
と言う。
Tさんは無言でガクガク頷いた。

Tさんは次の日からすぐにUさんと2人で下宿を捜し歩き、少々割高になるけど別の下宿に引っ越すことになった。
引越しの日までは何日かあったけど、Tさんはあの下宿に絶対戻りたくないので、頼み込んで何日間かUさん宅に間借りした。

数日後、Tさんはサークル仲間に頼み込み、昼間を選んで引っ越し作業をした。
出来ればTさんも荷物の梱包や運び出しの作業をしたかったんだけど、恐くて下宿に近付く事すら出来なかった。
お金の方は親に泣き付いて何とか出して貰ったとの事。

後にUさんが語ったところによれば、あの幽霊は以下のような感じだった。
Tさんが部屋の中で見た女性は、一言で言えば危ない奴。
理性がぶっ飛んで、怨念の塊みたいになっている。
で、あの下宿そのものってか土地に憑いている。
夜に室外で騒いでたのも、この女性。
姿を見せずに部屋の外で騒ぐぐらいなら、まだ良かった。
でも、(Uさんが言うには)あまり霊感の無いTさんまでも女性を見てしまった。
それでUさんはいよいよ危ない、と思ってTさんに下宿を出るよう勧めた。

じゃあ、そもそも女性は一体何者なんだろう? って事になる。
それについては、少なくとも2~300年も前、もしかしたら更に遡る位、昔の人だと思う。
けど、何者なのかは全く分からない。
何故、あの土地に憑いてるのかも不明。
Uさんが何とか探り出そうにも、数百年も経って怨念ドロドロ状態な上、下手に探って刺激すると大変なので、探る事は不可能だった。

ただ、Uさんが女性を見た時も、彼女は顔が滅茶苦茶な上、頭部が割られて流血した状態だった(Tさんは恐怖の余り、頭部が割られている事までは気付かなかったそうだ)。
で、彼女の髪が濡れていたのは、水で濡れてたんじゃなくて血。
少なくとも、尋常な死に方じゃない。
けれど顔だけが滅茶苦茶になってたって事は、恋人絡みとか愛人絡みで怨まれ、あの場所で殺されたのかも……との事。

とにかく、Tさんは引っ越してからは平穏無事に生活出来ました。
大学卒業まで目一杯同人活動して、卒業と同時に同人からも卒業。
けれどUさんを含め昔の同人仲間とは、今でもたまに連絡を取り合ってるそうです。

俺の話は以上です。
長文、失礼しました。

438 恐い 2008/08/26(火) 02:17:59 ID:jnZukjPn0 より

人気ブログランキング

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。