赤ババア

幽霊とかじゃないけど、俺が小学校の時に体験した話。
ちょっと長くなるけど語ってみる。
小学生の頃、俺は埼玉県南のとある街に住んでいた。
そこでは「赤ババア」と呼ばれていた基地外がよく出没していた。
ババアと言っても、多分当時30代後半~40代位のオバハン。
皮膚病なのか何なのか、顔中赤いブツブツで覆われていて(故に赤ババア)いつも裸足という不気味さだった。
赤ババアは他人の家の玄関先の路面で寝ていることが多かった。
特に誰の家の前とは決まってなかったと思う。
赤ババアのことを知らない通りがかりの人が、行き倒れと勘違いして警察や救急に通報してしまうこともしばしばだった。
また、それと同じ位、近所にあった土手際のイチジクの木の下でボーっと立ち尽くしている事も多かった。
ま、それだけでも気持ち悪いし、玄関先で寝込まれるのも迷惑な話なのだが、住民に何か危害を加える訳ではなかったので大人達は生暖かく見守っていたように思う。
しかし子供達はそうはいかず、怖いもの見たさから他人の家の前で寝ていたり、イチジクの木の下で立ち尽くしている赤ババアを見かけると誰が一番近くまで行けるかを競い合ったり(「勇気ある少年」という名の遊びだった)、遠巻きに赤ババアを馬鹿にする。
文句を叫んでは逃げてみたりと、赤ババアを挑発して遊ぶのが常だった。
大体想像がつくと思うけど、こうした挑発行為は次第にエスカーレトしていき、赤ババアに当たらない程度に石や棒を投げつけてみたりするようになっていった。
幸いなことに、こうしたイタズラをされても赤ババアはずっと寝てたりボーッとしているだけで、追ってきたり、怒ったりすることはなかった。
それで俺達も安心して赤ババアをからかっていた面もあったと思う。
あれは、小4の夏休みのことだった。
友人二人と土手で遊んでいた俺は、例のイチジクの木の下に赤ババアが立っているのを見つけた。
すると友人Aが
「じゃあ、勇気ある少年ごっこしようぜ!」
と提案した。
どれだけ赤ババアに接近できるかというアレだ。
この頃は、敢えて赤ババアの気を接近する奴に向けるために石や棒等を投げつけて気づかせるのがデフォになっていた。
まず言い出しっぺのAが赤ババアへ近づいて行くこととなり、Aがある程度進んだ所で俺と友人Bが手近な石だの棒だのゴミだのを赤ババアの足元附近めがけて投げ始めた。
Aが赤ババア迄10m位の所に進んだ所で、赤ババアが投石に気づき、ゆっくりとこちらへ振り向いた。
今にして思えば、それで目的は達した訳だから、そこで投石をやめておけば良かった。
しかし調子に乗っていた俺達は「Aを援護しろ~!」と、これも今にして思えば訳のわからない理由で、更なる投石を続けたのであった。
俺が投げた奴だったのか、Bが投げた奴だったのかはハッキリしない。
もしかしたら、俺が投げた奴だったかもしれない。
石が赤ババアに当たってしまったのだ!
すると赤ババアは、
「%#ぎ!¥?>$”’=#ぐ!!!!~~~~!!!!」
と、訳の分からない金切声を上げながら、こっちに走り出して来た。
今迄どんなに馬鹿にしても、コレと言った反応を示してこなかっただけに、コレは怖かった。
俺達が「うわ~~っ!!」と叫びながら、一目散に逃げ出したのは言う迄もない。
余りの怖さに、赤ババアの至近距離にいたAのことなどすっかり忘れ、俺とBは土手から空き地を抜け、高台の上にある寺の境内目指して駆け出したのだった。
幸いババアは足が遅く、スグに追い付かれることはなかったが、背後から時折
「%#ぎ!¥?>$”’=#ぐ!!!!~~~~!!!!」
と金切声が聞こえてくるので、赤ババアが俺達を追いかけてきているのは明白だった。
金切声が聞こえる度に、俺達は「うわ~っ!」と叫んで、走り続けた。
寺の境内に至る階段に差し掛かった所で、恐る恐る後ろを振り返ってみると、赤いブツブツに覆われた顔を引きつらせ、目を剥き出しにした赤ババアが、両手を上に振りかざしながら、こちらに迫ってきいているのが見えた。
俺達の方が足が速いため、大分距離があいていることだけが救いだ。
俺もBもこの寺が経営する幼稚園の出身なので、寺の敷地内のことは良く知っている。
とりあえず階段を一気に駆け上がって境内に入り、幼稚園時代に隠れんぼで多用した境内入ってすぐの所にある小屋の裏手に身を潜め、立ち木の隙間から赤ババアの様子を伺うこととした。
程なく赤ババアがゼーゼー息を切らしながら、境内に入ってきた。
時折「ビ%!&グガ$っ!!!」みたいな金切声を上げながら、そこら中をウロウロしているのが怖かった。
ただ物陰を見て回るという風ではなく、ひたすら滅茶苦茶に叫びながら境内を徘徊しているだけなのだが、それでも何度か赤ババアが俺達が隠れている小屋の近くにやってきたので、俺もBも正直生きた心地がしなかった。
そういう常軌を逸した行動が尚更俺達の恐怖心を煽り、小便ちびりそうな程ガクブルだった。
否、チビってたかも知れない。
しばらく境内をウロウロしていた赤ババアは、俺達が見つからないのに苛立ったのか、また訳の分からない奇声を上げて、墓地の方へと走っていった。
一安心である。
喉元過ぎれば何とやら。
当面の脅威が去ってしまうとゲンキンなもので、俺とBは顔を見合わせて
「うおー、スリル満点!」
「まさか赤ババアが追ってくるとは思わなかったゼ!」
「しっかし、ババア足おせーよなー!」
等とゲラゲラ笑い合った。
その最中、突然背後の草むらがガサゴソと鳴った。
笑顔は再び恐怖に凍りついた。
脊髄反射的に振り返ると、そこには幼稚園の園舍側から斜面を登ってくるAの姿があった。
考えてもみれば、赤ババアは墓地へ行ったのだ。
どう考えても俺達の背後からやってくる筈がない。
Aの話によれば、赤ババアがこちらに向かって走り出してきた際、彼はUターンしている余裕はないと判断し、土手を駆け上がって俺達とは反対方向に逃げたのだそうな。
その後、赤ババアが自分を無視して、俺達を追っていくのが見えたので俺達が逃げ込むとすればココではないかとアタリをつけて、様子を見に来てくれたとの事。
Aのことなぞ一切忘れて逃げ出した自分の不甲斐無さと比べ何と義理堅いことだろうか?
俺は改めて、Aっていい奴だな、と思った。
とりあえずお互いの無事をよろこびつつ、俺とBは、Aに状況説明。
赤ババアが墓地の方へ去ったことを告げると、Aはこう切り出した。
「なあ、仕返しに、赤ババアの家を突き止めないか?」
と。
そう、俺達は赤ババアがどこから来ているのか、どこに住んでいるのかは一切知らなかったのである。
親や大人達も知らない様子で、当時の俺達にとってそれは最大級の謎の一つだった。
さんざん驚かされた仕返しに(ま、俺達が悪いんだが)、その謎を解明してやろうという訳である。
そう言われてみると赤ババアの家を突き止めれば、何となく赤ババアの鼻をあかせるような気もするし、この謎を解明できれば学校で暫くはヒーロー扱いされるのは間違いない。
普段は相手にしてもらえない女子達からもチヤホヤされるかも知れない。
それは、素敵なアイディアである!
俺もBもスグにその提案に乗った。
さっきまで、あれ程ガクブルな目にあわされていたにも関わらず。
そして、それとは比べ物にならない位の恐怖への入口であるとも知らずに……。
俺達は、墓場にいる赤ババアに気取られないように小屋の背後から幼稚園を経由して寺の敷地を抜け出した。
寺に至る通路を見渡せる位置に駐車場があり、停まっていたトラックの陰に身を潜め赤ババアが寺から出てくるのを待った。
寺から赤ババアが出てきたら、その後を尾行し自宅を突き止めようという作戦である。
どの位待ったかは良く覚えてないが、小一時間位待ったように思う。
3人で
「もしかしたら、スゲー屋敷に住んでんのかもな」
とか
「どっかの橋の下だろ」
等と、赤ババアの住まいに関して、長々と語り合った気がする。
暫くすると赤ババアが、俺達が逃げ込んだ時に使った道から出てきた。
そのまままっすぐ、元来た方向へ戻るのかと思いきや、赤バアアは路地を左折。
俺達が潜む駐車場に向けて歩いてきたではないか!
三たび背中に緊張が走る。
赤ババアは俺達が盾にしている車のすぐ手前迄迫ってきた。
このままだと見つかりかねないので、俺達はトラックの周囲を赤ババアの動きにあわせて回り込むように迂回してやり過ごし、赤ババアの後ろをとることに成功した。
そして尾行開始。
俺達は、赤バアアに気づかれないと思う程度の距離を保ちつつ、後をつけた。
赤ババアは、ゆっくりとした歩調で、時折左右にゆらめきながら、街外れの方向へ歩き続けていった。
市境を越えて、隣の市に入っても赤ババアは止まる気配も見せず、ダラダラと歩き続けていった。
当時は時計なんて持っていなかったので、正確は時間は分からないが寺から既に1時間以上は歩き続けていたと思う。
隣の市に入ってからも随分経っており、既に周囲は俺達にとって全く馴染みのない風景となっていた。
それからもう暫く歩いて、赤ババアは突然歩道から右折した。
そこは雑木林で、家とか建物は全く無い所だったので驚いた。
赤ババアは、歩道から雑木林の中の獣道のような道に入り、林の中へと消えて行ったのである。
20m程離れていた俺達は、急いでその場所に駆け寄った。
その雑木林は、台地の斜面に位置しており、細い獣道が谷底に向かって続いているのが確認できた。
探偵か刑事にでもなったかのように盛り上がっていた俺達は、迷わずその道を進んだ。
おっかなびっくり谷底に降り、雑木林を抜けるとそこは畑&植木畑になっていた。
獣道から続くように、植木畑の中に道が伸びているが、赤ババアの姿は既に見えなかった。
雑木林を抜けるのに、かなり慎重になっていたせいで、距離をとられてしまったらしい。
そうなると、そこかしこの植木の陰に、赤ババアが潜んでいるんじゃないかという気がし、周囲に全く人気がないこともあって、なんだか急に心細くなってきたことを覚えている。
それでも恐る恐る歩を進めていると、遠くから
「うぅぅぅうおうぅぅぅおうぅぅぅ~~~」
と、低い声で誰かが唸っているような音が聞こえてきた。
時に長く、時に短く、その音は発せられていた。
余りの気色悪さに俺達は互いに顔を見合わせ、ここで引き返すかどうか相談した。
どうみてもこんな所に家があるようには思えなかったし、日も大分傾いてきていたので、俺は正直帰りたかった。
そして何よりも、唸り声が気味悪かった。
しかし、Aは
「ここ迄来たんだから、赤ババアの家を絶対突き止めてやる!」
とヤル気を見せていたし、Bも
「そうだよ、クラスのみんなに自慢してやろうぜ!」
とAに同調し出したので、2対1の多数決で、探査続行となってしまった。
今から思えば、ここで引き返していたら、あんな思いをする羽目にはならなかった筈だ。
時折聞こえてくる唸り声にビビリつつも、再び歩を進めると植木畑の中に、今歩いている道と交差する道が現れた。
ひとしきり左右を確認するが、赤ババアの姿は見えない。
このまま直進するか、右折するか、左折するか?
再び協議の末、唸り声が聞こえる右手の方に進んでみることになった。
確かに怖いが、その正体を確かめてみたい気もしないではない。
その道の先は普通の畑になっていた。
その畑の中に土饅頭のように盛り上がった場所が何カ所かあり、その中の一つの上に、浴衣を着たオッサンが裸足で立っているのが見えた。
そのオッサンは、うつむいて何かブツブツつぶやいている風だったが、突然頭を持ち上げると
「うぅぅぅうおうぅぅぅおうぅぅぅ~~~」
と唸り出した!
先程から聞こえていた唸り声の主はこのオッサンだったのだ!
余りの異様さに、俺の目はオッサンにクギづけになっていたのだが、Bが土饅頭の麓で蠢く何かに気づいた。
「なあ、あそこで動いてるの、赤ババアだよ~~」
言われて見てみると、確かに赤ババアだった。
赤ババアが土饅頭の麓で横たわって、オッサンの唸り声に合わせてゴロゴロと転がっていたのだ。
もう、何が何だか訳が分からなかった。
何でオッサンは土饅頭の上で不気味な唸り声を上げているのか?
何で赤ババアはその麓で転げまわっているのか?
俺達3人は、何も喋ることもできず、植木の陰で呆然とその異様な光景を眺めていたのだった。
暫く、そうして浴衣のオッサンと赤ババアを眺めていたのだが、突然背後から、
「ブッ!」
という音が聞こえた。
俺はAかBが屁でもこいたのだろう、こいつら余裕あるな、等と感心していたのだが更に立て続けに
「ブッ、ブッ、ブッー!」
と屁のような音が聞こえてきた。
さすがに違和感を感じたので、振り返ってみると、俺達のすぐ後ろに、グレーの作業着を着たじいさんが立っていたのだった!
浴衣オヤジと赤ババアに気をとられていたため、じいさんが背後から接近してきていることに全く気付かなかったのだ!!
じいさんは無言で立っていた。
じいさんは俺達の方に顔を向けているが、視線は全く泳いでいて、誰を見ているのか、何を見ているのか、さっぱり見当がつかなかった。
それが物凄く怖かった。
そして、じいさんは、言葉を発するかわりに
「ブッ、ブッ、ブッー!」
と屁をこいていたのである!
俺達は、一目散にその場から逃げた。
道も植木も畑も関係なく、とにかくダッシュで逃げた。
「うぅぅぅうおうぅぅぅおうぅぅぅ~~~」
「%#ぎ!¥?>$”’=#ぐ!!!!~~~~!!!!」
浴衣オヤジの唸り声と共に、赤ババアの金切り声が聞こえてきた。
俺達はとにかく走った。
が、そこは谷間。
すぐに反対側の斜面に行く手を遮られてしまった。
仕方ないので斜面に沿って、当てずっぽうに走る。
どこか斜面の上に通じる道はないかと探してみるが、こちら側の斜面はより傾斜が急で登れそうな所が中々見つからない。
その代わり斜面にぽっかり開いた穴があるのが目に入った。
何故だか分からないが俺達は吸い込まれるように、その穴に入ってしまったのである。
その穴の入口は、ちょっと屈まないと入れない程度の大きさだったが、中は思ったよりも広くなっており普通に立つことができた。
ただ、奥行きは余りなく、スグに行き止まりになっていた。
照明は無いので、中の詳しい様子は分からなかったが、左右と突き当たりが階段状になっているようで、とりあえず俺はそこに腰を下ろした。
が、尻に何かゴツゴツしたものが当たり、それが床に転げ落ちた。
床に落ちたことで、入口から僅かに差し込む光にそれは照らし出された。
それはどうみても、人間の頭蓋骨だった。
俺達は叫んだ。
そして穴から出ようとした。
途端に入口からの光が遮られた。
「ブッ、ブッ、ブッー!」
じじいの屁の音が聞こえてきた。
見るとじじいが出口を塞ぐように穴に尻を向けてたちはだかっており、盛んに屁をこきだしたのだ!!
「ブッ、ブッ、ブッー!」
狭い洞穴に閉じ込められた上に、ガス攻めである。
しかも誰のものとも分からない人骨が転がっているのである。
この人骨も、俺達のようにここに入り込んだ者の慣れの果てであろうか?
今にして思えば、屁ごときで死んだりはしないと分かるが当時の俺達はマジで殺されると思った。
ジジイの屁で。
俺が半ば死を覚悟したその時、Aが思いもよらない行動に出た。
「うわ~っ!」
と叫びながら、ジジイに体当たりをかましたのだ!
斜面に中腰でこちらに尻を向けるという不自然な体勢だったのが幸いして、ジジイは簡単にはじけ飛び、斜面を転がり落ちて行った。
「早く逃げろっ!」
Aの声に促され、俺とBも穴から飛び出し、猛ダッシュで逃げる。
どこをどう走ったのか、良く覚えていないが、やがて目前に木の土止めが施された階段が見えてきた。
一目散で階段を駆け上がると、ガラス張りの温室のような雰囲気の建物の脇に出た。
振り返ると、ジジイが階段を登ってきているのが見えた。
俺達は休む間もなく、走り続け、ようやっと見覚えのある場所に出た頃に、午後6時を知らせる「夕焼け小焼け」のメロディーが流れてきたのであった。
警察に知らせようか? という案も出たが、他人の土地に勝手に入ったという後ろめたさもあり、また、落ち着いて考えてみると、あの頭蓋骨も岩か何かの見間違いだったのでは? という気もしたので、その日は真っ直ぐ家に帰ることにした。
翌日俺達はAの家に集まり、昨日の出来事を振り返っていた。
するとAのおばあさんが、ジュースとお菓子を持ってきてくれた。
その際に俺達の話を聞いていたのだろう、おばあさんは俺達にあの場所について、話しをしてくれた。
おばあさんの話によると、あそこはその昔、この辺を治めていた領主の子孫が住んでいる所で「シュコの山(シュケだったかも)」と呼ばれているそうだ。
で、俺達が見た赤ババアや浴衣オヤジ、屁こきジジイはその子孫の一族だろうということだ。
しかもシュコの山は彼等の墓地でもあり、俺達が見た土饅頭や洞穴は先祖代々の墓ということらしい。
となると、俺達が見た頭蓋骨は本物だったということだ。
彼等は墓守として、あの場所を大事にしており、部外者の侵入には特に厳しいそうだ。
俺達はおばあさんから、二度とあそこに近づくなと厳しいお叱りを受けた。
この街は川一本渡ると東京という立地で、当時もかなり都市化が進んでいる場所なのだが、そんな所に、未だにこうした古い習慣? を守り通している人々がいるとは意外だった。
今となっては、赤バアア達に済まないことをしたと思ってる。
しかし、俺には今でもどうしても引っかかる点が一つある。
果たして、そんなに大事な先祖の墓に、子孫が屁をこくものだろうか?
224 本当にあった怖い名無し 2007/08/28(火) 13:02:29 ID:POn/DGo90 より

人気ブログランキング
  • ヘコき爺

    久々にワロタ

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。