托鉢の僧

海の話です。 本土の漁村の沖には島があり、そこにも人が住んでいました。 比較的大きな島で、全体に集落が五つほどありました。 その島の最も大きな集落に、ある日、托鉢の僧侶がやって来ました。 初老で痩せた彼は、静かに家の前に立って経を唱えます。 なにがしかの施しをする者もいましたし、無視する者もいました。 彼は、無視されたら静かにその家の前を立退き、次の家にいって経を唱えながら立つのです。 そうして集落で一軒一軒まわって、次の集落に徒歩で向かいます。 十日ほど見かけられましたが... 続きを読む

人気ブログランキング

散骨島

島根半島から北へ50kmのところに位置する隠岐諸島。 そこには180もの無人島が点在しており、そのうちの1島を散骨場所にする試みが2008年8月からスタートした。 もともとは個人所有だった島を、東京都の葬儀社など8社が出資する株式会社カズラ(隠岐郡海士町)が買い取った。 言うまでもなく、散骨とはお骨を粉状にして撒くこと。 焼骨のままでは撒くことは遺骨遺棄罪に触れるので、必ずmm単位まで砕かなければならない。 規定では一応2mmになっているが、1mmが理想だそうだ。 さらに撒く場... 続きを読む

人気ブログランキング

海の火葬場

その無人島は『海の火葬場』 岡山県笠岡市の沖合いに浮かぶ高島、白石島、北木島、真鍋島の4島を笠岡諸島という。 北木島と白石島のちょうど中間に、地元の人が通称『タテ』と呼ぶ小島がある。 地図上では正式名を『縦島』といい、たった40メートルほどの岩場だらけの無人島にすぎない。 実は平成13年まで、この『タテ』では海上の火葬場として使われていたのだ。 火葬場の施設があるわけではない。 タブと呼ばれる木(クスノキ科)でヤグラを組み、その上に遺体を寝かせ、松ヤニを油代わりに野焼きしたとい... 続きを読む

人気ブログランキング