ミヤマキリシマ

一人で山へドライブに出かけた。
この辺りの山にはミヤマキリシマが綺麗に咲き誇るところがあるそうだ。
車で細い山道をかなり進んだ。
途中の寂れた神社に、参拝する老婆がいた。
ミヤマキリシマ?昔はよく見たねぇ……
寂れた神社の境内を見て歩いた。
もう日も暮れるし帰ろうか。
車に戻ると、はて、後部座席に古い着物姿の女の子が座っていた。
「おらを探してんのは、おめか?」
友達は気味が悪くなり、首を振った。
「やっぱりおめだな」
びうぅーっと突風が吹くと、女の子は消えた。
後部座席には一輪のミヤマキリシマ。

397 今夜が山田 03/11/30 15:02

人気ブログランキング
  • 名無しさん

    綺麗な話だ…

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。