テレビ取材の結果

かなり前にみた話だから細かい所はうろ覚えなんだけど、NHKのドキュメンタリーだったと思う。 ある国(アメリカだったかな)のテレビが、南米のアマゾン川流域の未開の部族を取材した。 その部族の首長がテレビ班に友好的で、歓迎の踊りを披露したりと取材に色々協力してくれて、テレビ班も村人達に積極的に取材して、三日間ほど仲良く過ごしたらしい。 で、取材班が帰国してしばらく後に、ブラジル政府から取材先のあの部族が滅んだと連絡が入った。 原因は、麻疹だかおたふく風邪だか日本にもあるありふれた病気だ... 続きを読む

人気ブログランキング

中央線沿線の事故物件

大学時代に住んでいた物件が事故物件でした。 私は霊感なかったし、そもそも霊なんて信じてなかったんだけど、内覧した時に一緒に居た母親が浴室を気にしてたんだよね。 当時築5年だったんだけど、浴室(3点ユニットバス)だけがピカピカだったの。 不動産屋いわく「交換しました」との返事だったんだけど、水回りの工事はお金がかかるから、たった5年で交換ってのはおかしいって母親が言うわけ。 でも相場にしちゃ家賃も安いし、憧れてた沿線・街だったから私は即決しました。 異変に気付いたのは入居した日から。 ... 続きを読む

人気ブログランキング

【コラム】人皮装丁本の世界。世界の人皮装丁本10選

怪談でもたまに登場する「表紙が人の皮で作られた本」。 私の中でこの手の本といえばミスカトニック大学が所蔵している「ルルイエ異本」ですが、これは残念ながらクトゥルフ神話小説のお話なので当然架空の本です。 こういう人の皮で装丁した本を人皮装丁本というのですが、この手の本は実在していて、発見されると当然のごとくニュースになります。 》852 RARE: Old Books, New Technologies, and “The Human Skin Book” at HLS ちょうど私の... 続きを読む

人気ブログランキング