開かずの神社

誰もいなさそうなので投下します。 現在進行形の話のためオチはないです。 職場の近くに開かずの神社があります。 お寺の敷地内にある神社で、神社とお寺の入り口は別々になっていて、お寺の門と神社の鳥居が横に並んでいる形なんですが、お寺は普通に開いてるのにも関わらず、神社の方は鳥居の下に門が取り付けられてていつも閉まっています。 家とは反対方向だからしょっちゅうは通らないんだけど、たまに前を通る時には妙に目に入ってくるのです。 バスに乗って下向いてスマホいじってても、何故かはっとして顔を上げ... 続きを読む

人気ブログランキング

後悔

子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。 母がパートに出て何とか生活できているよう程度の生活だ。 学校の集金のたびに母親がため息をついていたのをよく憶えている。 別段、小学校、中学校は何とも思わなかったけれど、高校の入り、進学を考えた頃から両親と喧嘩することが多くなった。 私は大学に進みたかった。美大に行って本格的に絵を描きたかったからだ。 しかし進学するのに必要なお金など、どう考えても捻出できなかった。 毎日、昼のパート、夕方からのパートと掛け持ちで働き、くたくたになっている母親に、 「... 続きを読む

人気ブログランキング

押入れの姉

小学生のころ、不思議な体験をしました。 自宅で昼寝をしていると姉に起こされ「押入れの中に誰かいるから見てきてほしい」と言うのです。 両親が不在だったので唯一の男である僕に助けを求めたのでしょうが、正直怖かったです。 ですが年の離れた姉に頼られて幼い自尊心を刺激されたのでしょう、僕は後ろに姉をかばうようにして居間に向かいました。 押入れのふすまはピッタリと閉まっていて、なにもおかしな様子はありません。 「中にいるよ」 後ろから抑揚のない声が聞こえます。 ……それが本当に姉の声だったのか... 続きを読む

人気ブログランキング