旅館の天井

そろそろ年末、旅行シーズンなので自分が体験した旅行での怖い話を一つ。 かなり長いので読みたくない人はスルーして下さい。 中学の時の修学旅行で京都へ行った。 夕食、風呂も終わって旅館で寝るまでの自由時間を楽しんでた時だった。 俺は右隣の部屋に良い連中がいるので遊びに行った。 俺達は定番のトランプやらウノやら一通り遊んで、飽きはじめた頃、誰かが怖い話をしようぜ、なんて事を言った。 部屋の明かりを消して中央に10人ほど集まり、1人目の話が始まった。 2人、3人……4人と話は進んで行き、... 続きを読む

人気ブログランキング

人形が動く

これは七つ下の弟がやっとまともな話ができるようになった幼い頃のこと。 当時、母と弟が寝る部屋には、亡くなった祖母の作った日本人形が男女一体ずつ飾ってありました。 ある日、母、病気で学校を休んでたおれ、弟の三人でお昼のオカルト番組『あなたの知らない世界』を見ておりました。 そのあらすじは、 『娘がゴミ捨て場で人形を拾ってきたところ、家族に反対され、元のゴミ捨て場に戻しに行きました。 しかし、いつのまにか、人形が家に戻ってきていました。 気味悪くなった娘は、されに遠いところに人形を捨てに行... 続きを読む

人気ブログランキング

【ショートショート怪異譚(物・道具)】都内古書店で買った本、死体人形、冷蔵庫

都内古書店で買った本 俺の叔父さんの話。 叔父さんは古書集めが趣味で、暇さえあると古本屋巡りに出かけていた。 とある古本屋で叔父さんは、アメリカ人がインディアンと戦ったときの記録を、当時のアメリカ人が日記風に記した古書を見つけた。 オリジナルではなく複製だったけど、その当時の年代に複製されたのは間違いないらしくて叔父さんは大枚はたいてそれを買った。 叔父さんは、その本を自分の部屋の書斎に大事にしまっておいた。 その日依頼、なんとも寝付けない日が続いたと言う。 仕事から帰ってきて自分の部屋... 続きを読む

人気ブログランキング