【コラム】実在する世界の人皮装丁本10選

怪談でもたまに登場する「表紙が人の皮で作られた本」。 私の中でこの手の本といえばミスカトニック大学が所蔵している「ルルイエ異本」ですが、これは残念ながらクトゥルフ神話小説のお話なので当然架空の本です。クトゥルフものなら天下の魔導書「ネクロノミコン」、ネット上ではちらほらネクロノミコンといえば人の皮の本と言われてますが、こちらは原文ソースでは人皮装丁本という下りはなかったと記憶しています。死霊のはらわたに出てくる死者の書=ネクロノミコンが人皮装丁のため、混同されている方がいるのではないかと思います... 続きを読む

人気ブログランキング

【コラム】指狩り族は本当に実在したのか?一次ソースを探してみた

以前、紹介したお話の中に「ゆびきりむら」というのがあります。 簡単に説明しますと、九州のかつては栄え今では寂れた炭鉱街で実際に起きた連続保険金詐欺事件のお話です。 自ら指を切断し、保険金を取るという手法でしたが、お話の中では子供を殺害して保険金を取ろうとするところまで発展したため、本格的に捜査され事件が明るみになった、とのことでした。 投稿者はこれをウィークエンダーというテレビのワイドショーで見たそうです。 さて、この「ゆびきりむら」連続保険金詐欺事件ですが、私も別のところで知る機... 続きを読む

人気ブログランキング

【コラム】両墓制の残る島「佐柳島」探訪

告知用のtwitterではリアルタイムでつぶやいていましたが、先週の三連休に香川県の佐柳島に行ってきました。 瀬戸内海に浮かぶ離島で、少林寺拳法の総本山がある多度津町の多度津港からフェリーに約1時間揺られながら向かうことになります。 実は私はこの島は2度目の訪問でして、1度目は3年前に訪れてます。 その時はお盆できっとお参りに来る人もいるはず、と期待していったのですがお一人だけ島外の方がお参りに来ていただけで、あまり詳しい話が聞けなかったんです。 なので、今回はお彼岸にぶつけて行ってみたわけです。... 続きを読む

人気ブログランキング