雨の日のトイレ

今から十年くらい前の話です。
季節は10月の末、曜日は金曜日だったと思います。

その日は朝から雨が降っていました。
夜になっても弱まることなく、かなり激しく降り続いていました。
明日が土曜日で休みだったので、のんびりと読みかけの本を読んでいたら気が付いた時には日付が変わっていました。
さすがに徹夜はきついので、少し寝ようと思い、その前にトイレに行きました。

時計は、午前2時をまわっていました。
我が家のトイレは一階と二階にあります。
私の部屋は二階にあって、二階のトイレは部屋を出てすぐ隣です。
道路側に面していて窓がついています。
夜なら電気を付けますから、外を通るときに注意して見ると誰かがトイレに入っていると外からわかります。
二階なので、のぞかれる心配はありませんが。

その二階のトイレに入って用を足そうとしたとき、雨の音に交じって何か聞こえました。

ピチャッ…ピチャッ…ピチャッ…

どうやら人の足音のようです。
こちらに近づいてくるようすです。

ピチャッ…ピチャッ…ピチャッ…

(今時分、雨の中歩いてるなんて、飲み会か何かの帰りかな?)
何気なくそう思って、とにかく用を足し、トイレを出ようとしたその時です。

ピチャッ…ピチャッ

家の前とおぼしきあたりで、その音がぴたりと止まったのです。
次の瞬間、頭から冷たい水を懸けられたような感覚に襲われました。
(やばい!!みつかった!!)
何故かわかりませんが、そう思ったのです。

あわててトイレを飛び出し、隣の部屋に飛び込んで布団にもぐりこみ、がたがた震えながら耳を澄まして外のようすを伺っていましたが、それきり、降り続く雨の音以外、何も聞こえませんでした。

眠れないまま朝になりました。
おそるおそる足音のしたあたりを確認してみましたが、アスファルトの道路には雨の降った後の水たまり以外、何の跡もありませんでした。
あれは何だったのか。
もし、窓から外を見ていたら、そこには何がみえたのか。
今となっては知るすべもありませんが、もし顔を出していたら、ただでは済まなかったのでは……と思っています。

人気ブログランキング
  • 豆吉

    そこは、勇気だして確認してほしかった…

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。