古民家の仏間

私の開かずの間体験談。

私の家は工務店を営んでおり、主にリフォームを中心に仕事をしています。
その為、何件か曰く付きの案件に出会ったのですが、その内の一件に、開かずの間を持つ案件がありました。
その案件は「築50年超の大きな民家の仏間をリフォームして欲しい」というもので、付き合いのある不動産屋からの依頼でした。

とにかく現場を確認しないと見積書も作れないので、私は不動産屋と一緒に現場調査に赴きました。
その仏間には一間物の大きな作り付け仏壇が在り、次の入居者が自分の仏壇を設置出来ない状態でした。
不動産屋の注文は、
「コレがネックでねぇ買い手つかないんだよね、外して押し入れにしちゃってよ。それと、この仏壇の裏側が階段なんだけど、階段下デットスペースになってるから、ソコも収納にしてよ」
との事でした。
私は、簡単な工事だったのでその場で発注を請けました。
まさか階段下にあんな物が在るとも知らずに……

着工当日、私は職人を一人連れ現場へ行きました。
連れて来た職人に仏壇を任せ、私が階段下の収納を造る事に。
私はいつもの様に、ラジオを聴きながら壁を剥がし始めました。

板壁を一枚剥がしたところで、灯光器を使い中を確認すると、何か大きな物が在りました。
私は嫌な予感を押さえながら、とにかく確認しなければ!と思い、急いで残りの壁を剥がしました。
半分程壁を剥がし終えると、外の明かりに照らされ全体像が確認出来ました。
それと同時に、私の全身から血の気が引きました。

ソレは仏壇でした。
しかも真っ赤と言うか、朱塗りの仏壇だったのです。
私は慌て職人を呼び、とりあえず閉めてある仏壇の戸を開け、中を確認する事に。
恐る恐る中を見ると、骨壺と位牌、それと30センチ位の髪の毛が一束……
「ヤバイこの仏壇中身抜いてないぞ」
私は職人にそう言われ、慌て不動産屋に連絡。
ゴルフ中だった不動産屋に現場まで来てもらった。

不動産屋を待ってる間に職人が色々調べ、朱塗りの仏壇と仏間の仏壇は、全く同じ造りの物が背中合わせにくっ付いている事が判った。
『こんな所ですまん』とか、『全て???たら??も?ぐ????だ連れてくのは勘弁し???』だの書いた紙が見つかった。(?部分は染み、虫食で読めなかった)
私は怖くて堪らなかったが逃げる訳にも行かず、不動産屋を待った。

そして不動産屋が到着。
状況を説明して、現場から逃げる様に帰えりました。
その後坊さんに来てもらい、仏壇から魂を抜いて貰い、完工しました。
仏壇の中身については何も分かりません。
只、私と職人の2人は、その日から一週間程悪夢にうなされました。
悪夢から解放されたのは、ちょうど仏壇から魂抜きをした日でした。

726 本当にあった怖い名無し 2007/07/14(土) 13:42:56 ID:z+QSSYlUO
あなたの家の開かずの間 3部屋目

※魂抜きとは:お墓から遺骨を出す場合や、引っ越しなどで仏壇を処分・移転する際に行う儀式のこと。

人気ブログランキング
  • 名無しさん

    魂抜きどうこうの問題でないやろ、これ…
    なんやねん朱塗りの仏間って

  • 名無しさん

    知ってる、ホラーゲームのギミック解除でしょ

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。