托鉢の僧

海の話です。 本土の漁村の沖には島があり、そこにも人が住んでいました。 比較的大きな島で、全体に集落が五つほどありました。 その島の最も大きな集落に、ある日、托鉢の僧侶がやって来ました。 初老で痩せた彼は、静かに家の前に立って経を唱えます。 なにがしかの施しをする者もいましたし、無視する者もいました。 彼は、無視されたら静かにその家の前を立退き、次の家にいって経を唱えながら立つのです。 そうして集落で一軒一軒まわって、次の集落に徒歩で向かいます。 十日ほど見かけられましたが... 続きを読む

人気ブログランキング

てっぐ様

これは俺の親戚のおばちゃんから聞いた話だ。 おばちゃんは多少霊感がある人らしくて、近所では『伝説のおばちゃん』とか言われてて、自分でもそう言ってる。 昔から俺に色々な怪談話やホラ話を聞かせてもらったりしているが、俺はオカルトはあまり信じてないので、胡散臭い所や荒唐無稽過ぎる所は省いたり少し脚色したりして小説っぽくしたり、地名とかも微妙に変えてここに書きました。 50年くらい前の日本での話だって。 当時、有縁市に住んでた12歳のおばちゃんに妹が出来た。 妹が産まれたという事では無くて、... 続きを読む

人気ブログランキング

漆黒の目

僕は山陰地方の片田舎で民宿を営んでいる。 ここで宣伝したいところだけど、削除されそうなので止めておくが、料理には自信あるんだ。 このサイトを知ったのは今年に入ってからだ。 若い人が一生懸命取り組んだ作品を読むのが楽しくて、いつも心待ちにしている。 今から語る話は、僕の母がまだ若かった頃体験した実話だ。いや、実話らしいとでも言っておこうか。 あまりにも現実離れしているから、僕も今まで誰にも話していないくらいだからね。 だって話したところで、たぶん誰も信じてくれないだろうから。 僕の母は... 続きを読む

人気ブログランキング