霊とじいさん

小学生の頃の話。

祖父母の家は田舎のそこそこでかいお屋敷で、家の周りをぐるっと漆喰の壁で囲まれてたんだ。
道路からは田んぼの畦道を通って裏口から入るのが最短ルートなんだけど、裏口の門の近くの漆喰に、右半身がめりこんだ状態の女性が昼夜問わずにいたんだ。
黒髪で、白っぽい長袖ワンピースみたいな格好で、全体的に薄い。
昼間は我慢できるんだけど、夜はまじで無理!って感じだった。

でもある日、じいさんがグズる俺にキレて、漆喰の壁をバンバン叩きながら
「どこにそんなんがおるんじゃ! わしにゃ何も見えんぞ!」
とか言われた。
その叩いてるとこがまさにめり込み女がいる場所だったんだけど、じいさんが叩く度に壁にめり込んでいって、最終的にいなくなった。
薄いから表情は読めなかったけど、叩かれるとビクッとなりながらめり込む様が面白くて笑った。
じいさんも笑ってた。

高校生になって、なんとなくあの日なんでキレたのか聞いてみた。
じいさん曰く
「おまえの母さんも、子供の頃におんなじ事いっとったんじゃ」
とのこと。
母さんの時はいろんなとこ叩いたらしい。
俺の前で叩いた場所が母さんが泣き止んだ場所だったから、覚えてたんだってさ。

そんな無茶をするじいさんですが、今も庭いじりやらギャンブルやらやって元気にやってます。

479 本当にあった怖い名無し 2009/09/12(土) 19:39:11 ID:8P3zJf8pO

人気ブログランキング
  • 鍋爺

    猛者爺と呼ばせて頂こう

  • 名無しさん

    男気あるお爺ちゃん。
    子供大好きなんでしょうね。

  • 浅島平一

    破天荒!

  • 名無しさん

    爺ちゃんかっこいいけど、その女の人は何が目的なんだろう?

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。