釣り分けおじさん

オレが釣りを始めた頃の話。

オレの祖母は離島出身で、夏休みは毎年その島に遊びに行ってた。
その島でオレは、祖母の弟っていうおじさんから釣りを習った。
幼稚園生になったかならないかの頃だから、複雑な仕掛けはムリ。
オレンジ色のでかいプラスチックの浮子つけて五目釣りだ。

どこまでも海の底が透き通って見える海に仕掛けを投げこむと、いろんな魚がわらわらと寄ってくるのが見えて、すぐに釣れる。
チョウチョウウオだったり、ニザダイだったり、メジナだったり。
(方言名で書くと島を特定されそうなんで標準和名で……)

夢中になって釣ってると、そのおじさんがニコニコしながら
「○○(←オレの名前)は釣りが好きか?」
って聞いたんだ。
「うん、好き。とっても楽しい」
って答えたら、
「そうか~、じゃ、面白いもの見せてやる」
って言う。
何かと思ったら、おじさんはいったん仕掛けをあげて、
「ここにいる魚のうち、○○の好きなのを釣ってやる」
って……。
オレは???って思ったけど
「じゃニザダイ」
って言ったら、
「ほいよ」
って、すぐにニザダイを釣り上げた。
「ヒラアジ」「ほいよ」
「ブダイ」「ほいよ」
???
「チョウチョウウオ」「ちっと難しいな、ほいよ」
??????

「何でそんなこと出来るの?」
って聞いたら、
「○○も上手になったら出来るようになる」
って笑う。
今思うと、あの仕掛けで換えられるのは浮き下くらい。
しかし、それで完璧に魚の釣り分けができるとは考えられない。
仕掛けを入れた途端にわらわら魚が群がるあの海で……。

色んな釣りを一通りやり、多少は上手になったが、いまでもあの『リクエスト釣り』は出来る気がしない。
というより、上手になるほど出来る気がしなくなるんだ。
一体、どうやってたんだろうね。
本当に不思議だよ。

そのおじさんは数年前にガンで他界した。
最後に見舞いに行ったとき、
「治ったらまた釣りに行こう、今度は魚の釣り分けの仕方、教えてくれよ」
と言ったら、
「○○が上手になってたら教えてやる」
って笑ってた。

多分あれは、オレには一生できないだろうな。

650 634 2011/10/24(月) 02:37:24.73 ID:oF5WyRgS0

人気ブログランキング

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。