御祓いを受け継ぐ

私が中学生の時の話をさせて貰います。
つまらなかったらごめんなさい。

10年位前の話になります。
当時、小学生だった弟がよく学校で怪我をしてきました。
転んだりして出来る怪我ではなく、カマイタチというのでしょうか?
何かに切られた様な傷で、週に何回か怪我する事が2、3ヶ月続きました。

そんな時、私が学校から帰ると、家に親戚のお兄さんがやってきていました。
お兄さんは私より5歳年上で、私の県から4つくらい離れた都会に住んでおり、子供の頃から良く遊んでもらっていました。
ただ子供の頃は年に数回会って遊んで貰ったのですが、その時は確か数年振りだったと思います。
「どうしたの、お兄さん。遊びに来たの!?」
久しぶりの再会に、色々と遊んで貰えると大興奮。
当時の私には憧れだった都会の話や流行を教えて貰えると思って嬉しくなりました。
「いや~、私ちゃんと遊びたいんだけどね。ちょっと呼ばれたから来たよ」
そう言うと、お兄さんはそのまま私の両親と一緒に家の大広間で話し始めました。
両親からは話が終わるまで自分の部屋で遊んでなさいと言われ、弟と遊んでいた記憶があります。

何時間位話をしていたのかわかりませんが、母が夕飯の用意ができたと私と弟を大広間に呼びました。
大広間にはいつの間にかお兄さんの父(叔父さん)が来ていました。
そして全員で揃って夕食。
でも何故かお兄さんだけは用意された夕食に一口も手をつけずに微笑んでいました。
ご飯が終わった頃、お兄さんが口を開きました。
「私ちゃん。今からお風呂に入って、少し寝てちょっと付き合ってくれる?」
「え? 今から寝てから? どっか行くの?」
「明日お休みでしょ? だから夜更かししても平気だよね?」
いつもと違うBさんの雰囲気に少しおかしいと思いながら、両親の顔を見ると父が
「言うことを聞きなさい」
と言いました。
私は訳も分からずお風呂に入らされ、その後自分の部屋で寝ました。

そして午前3時。
目覚ましが鳴り、母に起こされ、急いで着替えて玄関に行くと、そこには黒いスーツを着たお兄さんと叔父さんがいました。
何事かと思ったのですが何も言葉が出ず、お兄さんはいつもとちょっと違う真面目な顔で口を開きました。
「Aの学校への通学路教えてくれる?」
そのまま叔父さんの車に乗り込み、私は家から学校までの通学路を教えました。
時折、通学路の途中で車を止め、その度にお兄さんは車を降りて辺りを見渡したり、(今思うと拍手を打っていた様な……)道に手を置いたりしていました。

真夜中という事もあり、小学校は誰もいません。
今と違って防犯のセンサーなどもついていない田舎の小学校だったので、校門の扉も開いており誰でも入ることが出来る状態でした。
真っ暗な学校に向かって歩いていくお兄さん。
時折校舎を見ながら
「駄目だなぁ……」
とか
「うまく見えないなぁ……」
とか、ぶつぶつ言っていました。
一緒についてきていたCさんは私に
「怖くない? 大丈夫?」
とか
「きっとすぐ終わるから」
とか色々言ってくれて、怖い気持ちを和らげてくれました。

小学校に来て何分か経ったかわかりませんが、強烈に覚えている瞬間が訪れました。
それまで背を向けていたお兄さんがいきなり振り返り、私たちを指指し
「そこ。来る。」
そうBさんが呟いた瞬間。
子供の笑い声と共に、駆け回る足音が私と叔父さんの横を通り抜けていきました。
私も叔父さんも激しく動揺して「今の何!」と聞くとお兄さんは一言。
「だから来るって言ったじゃん」
と何事も無かったかの様に辺りを見回しました。
そして
「今日は無理だから帰ろうか」
と言って、乗ってきた叔父さんの車で帰りました。
家に帰ると心配そうな顔で待っている両親がいて、私はいつの間にか母と一緒に寝ていました。
そして起きると既にお兄さんと叔父さんは帰っており、両親もそれ以降何も話してくれませんでした。

それから二週間位経ったある日。
学校から帰ると家にお兄さんがいました。
両親とにこやかに談笑しており、前回とは打って変わって明るい様子でした。
「私ちゃんおかえり。帰ってすぐで悪いんだけどちょっと教えてくれる?」
私は何だろうと思いながら大広間のテーブルに座りました。
「弟と私ちゃんが通ってた小学校の七不思議を教えてくれない?」
変な質問だなと思いながらも一つずつ答えていくと、6つ目の話に両親の顔色が変わりました。
その瞬間にお兄さんも
「やっぱりね、もういいよ」
と言いました。
じゃあ帰るね、と両親に駅まで送られていきました。

翌日、母がお兄さん宅に電話を掛けると、お兄さんは家に帰っていないという回答がありました。
お兄さんの両親は
「いつもの事だから気にしないで」
と母に言ったそうですが、電話口で必死に謝っていました。
その後、一週間ぐらいして家に帰ったそうですが、私はお兄さんとは3年間会うことが出来ませんでした。

3年ぶりに会ったのは、親戚のお葬式の時です。
両親と共に親戚のお葬式に行った時、葬儀場の前で
「帰れ! この××××(なんていったのか聞き取れない罵声でした)!」
と罵られて追い出されるお兄さんがいました。

お兄さんの両親と祖父母だけが葬儀場に入るのを見て、一人駅の方に歩いていきました。
葬儀が終わり両親と祖父母と一緒に、私の家に帰りました。
そして思い切って私は、お兄さんの祖母に聞きました。
「なんでお兄さんはあんな事されるの? 何をしたの?」
そういうと私の両親と、お兄さんの両親の顔を見て話してくれました。

私の家は田舎で言う名家の部類に入るらしいのですが、その本家にあたる家系に代々伝わっていた「御祓い」の方法があったそうです。
本来であればそれは本家の人間だけが代々継ぐらしいのですが、先代は分家にあたるお兄さんが一番力があるといって教えてしまったそうです。
その方法は一子相伝で、教えて貰った人だけが使えるという事もあり本家にあたる人やその取り巻きの親戚筋からお兄さんは恨まれたそうです。
しかし折角教わった事だからと頼まれた時に「御祓い」をしていたそうです。
3年前、私が立ち会ったのはその御祓いの儀式でありお兄さんは私の両親に頼み、学校に入る許可を取り御祓いをしたそうです。
(私の親がPTA会長だったのと、家が有名だった為、お兄さんは研究という事で入ったらしいです)
そして御祓いをした場所というのが学校の図書室。
私が学校の七不思議を話をした時に両親が表情を変えた場所でした。
お兄さんの御祓いは通常の物とは違うらしく、自分の中で吸収して昇華させる為、いつもやると2、3日居なくなったり、奇行に入るそうです。
3年前は私の亡くなった祖父が弟を救ってくれと頼んだそうです。

1年後。私は上京しました。
その際に社会人になっていたお兄さんと連絡を取り、会う事が出来ました。
そして、どうして図書室だったのかを聞きました。
「だってあそこで死んでるからね。私ちゃんのお祖父ちゃんの弟」
あとで知ったのですが小学校のあった場所は、当時戦争で空襲にあっていて、そこで弟さんが亡くなったそうです。
しかし祖父が亡くなった後、それを知っているのはお兄さんの祖母だけで、祖母から両親に話をしたそうです。
そしてもう一つ聞きました。何故弟だったのか。私は学校に通っている間、弟があったような現象は一度もありませんでした。
「それは私ちゃんが女の子だったから。だって代わりが欲しかったんだよ。戦地に行ける」
お兄さんと会ったのはこれが最後でした。

両親伝いに聞いた話では、未だに時折頼まれて御祓いを続けているとのことです。
その度にお兄さんの祖母が
「もう勘弁してやってくれ、許してやってくれ」
と言っているそうです。
お兄さんは奇行が続き、定職についても続かない状態のようです。
長くなってすみませんでした。

166 本当にあった怖い名無し 2012/12/27(木) 00:36:11.80 ID:jCzeRMvT0

人気ブログランキング

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。