消えた金属片

はじめまして。
自分、金属加工業を営んでいるのですが、先日不可解な事がありました。

数ヶ月前より、左手薬指の指先を使って何かを掴むとズキン! と痛みが走るようになっていました。
加工クズなどの切粉がちょうど神経に当たって痛む、というのとは少し違いました。
……そうですね、切粉のトゲの痛みを、針で付く感じとするなら、この痛みは『痛みの治まった傷口』を圧迫するような痛みでしょうか。
仕事柄、トゲなどの刺さることは日常茶飯事で慣れていたため、放置していました。

先日、その場所から金属片が顔を出していたんですね。
あぁやっと押し出されてきたか?
そのときはそう思って、とげ抜きやピンセットで取ろうとしたのですが、どうしても取れません。
ちょうど三角形のテッペンが顔を出したような形状のため、はさんでも滑ってしまうんです。

ま、2-3日すれば勝手に取れるだろう、と思って数日が経過。
気になる度にピンセットでつまんではみるのですが、いっこうに取れる気配もない。
傷口に血がにじんでくるために、子供のように舐めるクセがついてしまいました。

で昨夜もいじってみたものの取れず、舌で滲んだ血を舐めたときなんです。
口の中に異物感。
「ゴリッ」
すぐに吐き出してみると、小豆を半分にしたぐらいの金属塊が。
まさか? と思って指を見ると、顔を出していた金属片がいません。
どこをどう押さえても、痛くも痒くもないのです。血も止まっています。
かすかに、ほんとうにかすかに、シャープペンの芯で刺した程度の傷口が『点』のようにあるだけなんです。
ギュッと絞るようにつまむと血が出てきますが、傷口はやはり『点』のように小さなものです。

それなのに、吐き出したものは直径5mm、高さ4mm程度の円錐状の光沢金属。(こんなの→△)
で、底面(平面っぽいとこ)はあきらかに破断面の特徴を備え、三角錐の斜めの曲面は、鏡のように周りが映り込むほどの鏡面仕上げ。
ウチで扱う工具、製造しているモノには、そんな鏡面仕上げが施されたモノなどなにもありません。
磁石につかない非磁性金属であることも確認。硬度はHRC65程度。
同業の方でないとわかりづらいと思いますが、硬度65の鏡面加工非磁性金属なんて、取り扱う機会が皆無と言っていいようなシロモノです。

仕事柄付き合いのある知り合いに、金属の種類を調べるために宅配便で送りました。
名刺を1/3程度に切って、そこにセロハンテープで張り付け、
それを手近にあった噛むブレスケアのケースに入れて、きちんとフタもして。
知り合いから電話がかかってきました。
『おまえ、丁寧に包んで送ってきたけど、肝心の中身入れ忘れてるよ』
空っぽのブレスケアのケースに、セロハンテープを貼った名刺の切れ端だけが入っていたそうです。

いったい、どこでどうやって自分の指に食い込んだのか?
こんな大きさのモノが、体内からほとんど傷もつけずにどうやって出てきたのか?
そして、あの金属は一体何なのか?
どこへ消えたのか?

>追記

マジレスしますと……
円錐状物体の平面部分は、高硬度金属の破断的特性をあきらかに示しています。
『作られたもの』ではなく『作られたものの欠片』と思われますので、インプラントするようなシロモノには思えません。
何らかの意図を持ってインプラントするならば、機能するであろう全面に、加工の痕跡のある外観的特徴を備えるのが普通だと思います。

上記スレでの表現がちょっと足りなかったのですが、貼り付けた台紙に使った名刺は、和紙の繊維が少し浮いているもので、セロハンテープは16mm幅のものを、半分ほどの幅を重ねる様にして台紙の裏まで巻いて貼っていますし、セロハンテープで金属塊の全周を押さえるようにしていましたので、抜け落ちは考えられません。
また、後日その知り合いに名刺の切れ端を見せてもらったのですが、テープを剥がした様には全く見えませんでした。(和紙なので、剥がすと毛羽だってしまうので)

信用度といわれると個人的な印象でしか語れませんが、あと数年で会社を辞めて、稼業の米農家(精米所を個人で持つぐらいの大地主)を継ぐことが決まっており、金銭欲にも出世欲にも縁のない男、というのが外面的評価です。
自分、山釣りに行くのですが、信用できない人間と二人で山奥に入るのって凄く怖いと感じますが、彼とは何度も釣りに行っており、個人的感情でも信用しています。

954 地味変 04/10/04 15:16:49 ID:D31lK6/v

人気ブログランキング
  • 堕悪魔太

    それはモノリスですね

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。