とぷん

2年くらい前の、個人的には洒落にならなかった話。
大学生になって初めての夏が近づいてきた、金曜日頃のこと。
人生の中で最もモラトリアムを謳歌する大学生といえど障害はある。
そう前期試験だ。
これを無事にやり過ごし単位を獲得しないことには、せっかくの夏も存分に楽しめない。
大学で出来たまだ少し距離感のある友人達(AとBとする)と、翌週から始まるテストに備えて、俺の部屋で試験勉強に励んでいてた時、Aが
「試験勉強ウゼー。飽きた。ちょっとここらで気分転換しねぇ?」
と言い出した。
「んじゃ、どうする? ゲームでもする?」Bが応える。
「時期的にはちょっと早いけど肝試しとか?」
「いやw女もいなくて『キャー!B君コワーイ!』とかキャッキャウフフもないからメリットねーじゃん」
「俺らまだでつるみはじめてから日が浅いだろ? ここらで友情を深めるイベントをと思ってさ」
ちょっと引き気味でBが
「お前……まさかガチ(ホモ的な意味で)じゃねーよな?」
「んなわけあるかwww気分転換にはいいと思うんだけどな俺は。実はこの近くで、それっぽいポイントを見つけたんだ。んで、実は昼間のうちに準備もしてきてたりするんだが」
「準備済みとか段取り良すぎだろw」と俺。
Bは最初嫌がってたが、目的地が噂の心霊スポットとかじゃなくて、チャリでいける距離にあるただの無人の神社だとわかると、しぶしぶだが了承した。
一方、俺は怪談とかは結構好きで、肝試しにも乗り気だった。
俺は全くの零感なもんで、中学生の頃に地元で仲の良かった友人達と有名心霊スポットに行ってみても、何か見たり何かが起こったりってことは今まで一度もなかったから、まぁ気楽に考えてたんだな。
目的地の神社に到着して、A曰く、
「別に心霊スポットって訳でも無いから、みんなでウダウダ言いながら行って帰ってだったら、なんの面白みも無い。だから、ちょっとした準備をして、ルールを決めてやろうぜ」
とのこと。
肝試しのやり方は、
1.3人でまず神前に入りお参りして、神様に肝試しのお断りをする。(3人とも小心者だったので……)
2.神社の裏手で、火が燃え移る恐れの無い場所に風除けを立てて、蝋燭(アロマキャンドルで代用)を3本設置。
3.神社の入り口まで戻る。
4.1人づつ順番に先ほどの蝋燭のところまで行き、行ってきた証拠に蝋燭に火を灯して帰ってくる。
5.全員が終ったら全員で蝋燭の元に戻り、火を消して蝋燭と風除けを撤去。
6.最後に神前で「おさわがせしました」と御詫びして帰宅。
というもの。
じゃんけんで、B、A、俺の順番となった。
内心で最もビビってそうに見えたBが一番最初だったので、大丈夫かとか思ってたが、目に少し恐怖の色が見えたものの、当然のことだが何も起こらなかった様で普通に戻ってきた。
次に行ったのがAだが、さすが肝試しの発案者だけあって全く平気な様子で戻ってきた。
そして最後の俺の番となった。
小さな神社であるため鳥居をくぐるとすぐに神社の拝殿が見える。
夜の神社というだけで不気味ではあるが、この日は風もあまりなく月明かりも出ていたので、それほど恐怖感はなかった。
拝殿を通り過ぎ、本殿に沿って裏手に回る。
俺達が設置した場所に、二つの炎が灯った蝋燭が見える。
「やっぱり何も起きないか」
と安堵とわずかな失望が入り混じった微妙な心境で、最後の蝋燭に火を灯した。
その後、もと来た道を戻り友人達の元に戻った。
3人揃った所で
「やっぱり何も起きねーかー」
「でもなんやかんやでこの雰囲気はちょっと来ねぇ?」
とか無駄口を叩きながら蝋燭の元に戻って火の始末をして回収したが、この時もやはり何も起こらなかった。
最後に何も起きずに無事帰途につけることのお礼と
「おさわがせしました」
の御詫びをして拝殿を離れた。
そして、後10数歩で鳥居というところまで戻った時だった。
背筋に氷柱を入れられたような悪寒ともに、肌が一気に粟立つ感覚に襲われ立ちすくむ。
決して背後を振り返らないように隣を見ると、AもBも同じものを感じたらしく立ち尽くしている。
「まさか……な」
「おいおい、やっぱ神様怒ってんじゃね?」
軽口を叩いてはいるものの、その顔に余裕はなさそうだった。
「出口の自転車のところまで後ちょっとだし、土産話が出来ると思って、いっせいので振り向いてみようぜ」
「バカいうな。こういうのは見ない方がいいって相場が決まってる。このまま振り向かずに、チャリ乗って帰るべきだろ」
そんな中、その時の俺はというと、今ままで霊体験を一度もしたことがなかったこともあり恐怖よりも好奇心が勝っていて、
「いやいや、コレこそが肝試しじゃね? これは行っとくべきだろ」
そんなこんなでウダウダ言ってる間にも背後の気配は徐々に濃密になっていく。
Bも俺とAに押され結局全員で一斉に振り向くことに。
最初にぱっと見た限りでは、月明かりに照らされた神社の境内には何も見えなかったが、目を凝らしてみると自分達と拝殿の間あたりに黒い水溜りのようなものが見える。
「あんなところに水溜りなんてあったけ?」
さっき通ってきた時には確かにそんなものはなかったはずだ。
気付くと、つい先ほどまで聞こえていた微かな葉音も止んでおり、耳が痛いほどの静寂に包まれている。
『とぷんっ』
小石を川面に投げ込んだような水音が、微かに聴こえたような気がした。
見ると先ほどの黒い水溜りのようなものに波紋が広がっている。
そこからゆっくりと、漆黒の2本の手の様な物が水溜りから突き出され、何かが這い出そうとしているように見えた。
その時、あれは幽霊とかそんな生ぬるいものではない、もっと禍々しい何かだと自分の直感が告げていた。
頭のようなものがぬるりと持ち上がってきたところで、俺達は弾かれたようにその場から逃げ出した。
自転車に飛び乗り、元来た道を全力で走る。
当然後ろを振り返って確認する余裕などなかった。
3人とも這々の体で元いた俺の部屋に転がり込んた。
部屋のドアにしっかりと施錠した後、まだ恐怖の余韻が残る中、
「なんだよアレ。やばいやばいやばいやばい」
「俺、幽霊とか見たこと無いけど、アレは絶対やばいって。雰囲気的に幽霊とかのレベルじゃねーよ」
沈黙が恐ろしくて、みんな口々に意味の無い事を言い合っていた。
しかし、その後しばらくたっても、神社で見た何かが追って来ている様子がなかったので電気を点けっぱなしにして、ミニコンポから音楽を流しっぱなしにした状態で寝ることになった。
恐怖感からか目が冴えて全然眠れなかったが、朝日がカーテンの隙間から差し込む頃には、それまでの緊張感からうとうとし始めていた。
その時に夢を見た。
その時に見た夢というのが、風景も何もなく真っ暗な場所に、肝試しに使った蝋燭が3本立っており、その内の1本に炎が灯るというもの。
目が覚めてから聞いて見ると、AとBも同じ夢を見たらしい。
全員が同じ夢を見ていた、ということに気持ちの悪さを覚えながらも、その日は解散となった。
その(土曜日)の夜、再び同じ夢を見た。
暗闇に蝋燭3本が立っている。
前回と違ったのは3本の蝋燭の2本目に炎が灯ったこと。
目が覚めてから、何かを暗示しているようで気味が悪かったが、週明けの試験のこともあったので、あまり外出もせず勉強に励んだ。
予感していたことだが日曜日の夜にもやはり同じ夢を見た。
今度は3本目の蝋燭に炎が灯された。
何か嫌なもの予感させる夢だったが試験をサボるわけにもいかず大学に出かけた。
同じ講義と試験を受ける予定だったAとBが来ていなかった。
気になりながらも、その日予定されていた講義と試験を無事に終え、とりあえずAの携帯に連絡を取ってみたところ少し混乱をしていて要領を得なかったが、A曰く
「2本目の蝋燭が灯った夢を見て目覚めた日に、神社にいたアイツが来た」
ソレに気を取られたからなのか、何も無い階段で足を踏み外し足を骨折して今は病院だという。
今度はBに連絡とったところBも似たような感じで自転車で事故に遭い入院中とのこと。
とりあえず、二人とも生きてはいることがわかりホッとしたものの、次は確実に自分の番ということに気付きジワジワと恐怖感がせりあがってくる。
そんなところに突然声をかけられ、座っていたキャンパス内のベンチから思わず飛び上がりそうになる。
声をかけてきたのは同じ地元出身で、幼馴染の姉である2つ年上のCさんだった。
「なーに、しけたツラしてんの?」
「なんだ、Cさんですか脅かさないでくださいよ……」
Cさんは知り合いを探すように、周りをちょっとキョロキョロしながら、
「別に脅かすつもりはって……うわっ!!」
「ちょっと、D君(俺のこと)なんてモノ連れてんの」
「ちょっ……連れてるって何の話ですか? 何か視えるんですか。ってか、Cさん視える人なんですか?そんな話今まで一言も言ってなかったじゃないですか」
「ちょっと、一気に質問しないでよw」
ここで、Cさんについての説明と、Cさんから聞いた話をまとめる。
Cさんについて。
・地元の幼馴染の姉。(長女Cさん、長男Eさん(神道関連の某大学生)、次男F(幼馴染)の3姉弟)
・地元の神社の娘。
・昔からいろいろと視える性質だそうだが、わざわざ人に喋ることでも無いし、
喋ることで鬱陶しいの(そういうのが好きな人間)に、まとわりつかれるのも嫌だからとのこと。
聞いた話。
・何か得体の知れないものが憑いてる。(人間の霊とかで無く、良くわからんらしい)
・話を聞いた限りでは、物理的に害を与えるというよりも、精神に障るタイプのヤツっぽい。
・憑かれたままだと、碌な目に遭わないはず。下手すりゃ死ぬかも、とのこと。
その話を聞いて、今も視えるか聞いてみたら、
「ほら、あの並木のあたり見てみ?」
と言ってCさんは、向こうに見える並木道を指差した。
「講義や試験を終えた学生が、ぞろぞろ帰ってるのが見えるだけですが・・・」
「じゃ、メガネ外してもう一回。歩いてる人の足元あたりに注目!」
「!!!!」
周りの風景や人はぼやけて見えるのに、辛うじて人の形に見える、漆黒のタールのようなものの上半身が、這うような姿勢のまま静止しているのが、はっきり視える。
「見えた? クロウリングケイオス(crawling chaosかな?)って感じだよねw」
「Cさん。実家の神社で巫女さんとかもされてましたよね? お払いとか出来ないんですか?」
「無理無理w自分に変なのがまとわり憑かないようにすることで精一杯。実家継ぎ損なってなけりゃ出来たかもだけどw」
「それにしても何したの? 普通に心霊スポットとか行ったぐらいじゃ、あんなの拾ってこないよ普通www」
「マジ笑い事じゃないですよ。神社で肝試ししただけですよ。俺ら」
「うーん」
何か含みのある様子で軽く唸ると、急にCさんが俺の手を引いて腕を絡めて、
「ま、こんなトコで立ち話もなんだし、ちょっと飲み屋にでも行こうか? 奢ったげるからさ」
このCさん。あんまり女性っぽく無いサバサバした性格だけど、見た目は無造作に後ろで束ねた長い黒髪で、和装が似合いそうな美人さん。
なので、こんな話をしてる時なのに、ドキドキしてたのは内緒だ。
「私とくっついてたらとりあえずは大丈夫。あと、君は結構運がいいね。
(長男の方)が実家の用事ついでに、私のトコに寄る予定あるんだ。
後2時間くらいで着くはずだから、安心して良いよ」
そう言いながら、グイグイ俺を引っ張っていく。
結局、2人で個室のある飲み屋に入り、先ほどの話の続きをすることに。
飲み屋に腰を落ち着けて、事の経緯を説明し、いろいろ聞いた話をまとめると以下。
(聞いた時にわからなかった言葉とかは、後でググッて補足しています)
・Cさんではお払いが出来ないことについて。
普通、神職自体には、霊とかその他諸々を払う力は無い。祀ってる神様の力を借りないことには払えない。
そもそも神職は巫覡に端を発しているので、霊を成仏させたりする坊主とは違う。
神様の力を借りるには、相応の舞台装置が必要。
つまり、神社の外では、依り代とかがなければ大したことは出来ない。
・神社の境内は神域のはず。なんであんなのがいるのか?
坊主の作る結界とは違い、神社は神を降ろすための舞台装置(神を降ろし易くすための場)にすぎない。
神域とは、舞台装置である神社に神が降りることによって、始めて力を発揮する。
神職や管理者がいたり、キチンと定期的に祀られてる神社は、
神域として正しく機能しているため、おかしなものは寄り付かない。
逆にそうでない神社は、何か寄せるための舞台装置だけがある状態。
色々とおかしなものが集まってくるので危険。
ここまで話を聞いて、疑問に思った事を聞いてみた。
「なんでEさん(長男)が来たら安心なんです? さっきの話だと、神職自体に払う力はないんでしょ? ましてやEさんて、今まだ在学中で、正式な神職になって無いでしょ。それとも、Cさんと二人で力をあわせれば何とかなるって、そういう話ですか?」
「違う違う。確かに神職自体に払う力はないってのは、Eに関しても当てはまるんだけどね。ただ、あの子は色々と特別な訳。うちの神様に守られてるんだよね。具体的な効果範囲はわからないけど、少なくともEの視認できる範囲内には、幽霊とかその他もろもろの、危害を加えるものは近寄れない」
「それを聞いて気付いたんですけど、もしかして、地元の心霊スポットとかで肝試しした時に、何もおこらなかったのって……」
「そう、いつもEいたでしょww」
「でも、なんでEさんだけそんな特別扱いなんです? そもそも、神様が1人だけを守ったりとかあるんです? 神社って全国各地にあって、しかも有名な神様だと分霊でしたっけ? とかされて、同じ神様を祀ってる神社がいっぱいあるのに」
「んー。ちょっと長くなるけど良い?」
Cさんより聞いた話。(特定されない程度にぼかして記載している箇所があります)
・彼女の実家の神社(A神社とする)は、全国に同じ名前の神社がある。つまり、総本社の分社。
・ただ、彼女の一族は、元々は別の神社(B神社とする)を管理してきた一族。
・B神社は今もあるが、現在その直接的な管理は、B神社がある地域の町内会がおこなっており、彼女の実家は、それをサポートする立場。
・B神社は決して大きくは無いが、延喜式神名帳にも記載されていた、それなりに歴史のある式内社。(少なくとも千年以上)
・B神社は、全国的に見ても少し特殊な神社。(主祭神と建築様式の2点において)
・ある神様を祀っているが、その神様を主祭神としている神社は、全国でB神社のみ。
・B神社は、平安時代以降のある時代に、戦乱だか災害だかで一度消失し、近年に再建された歴史を持つ。
・その空白期間、彼女の一族がどうしていたかというと、当代の神職を依巫として祀ってる神様を降ろして、代々引き継いできた。(満10歳になった時に、次代の神職を確定させるために、神降ろしの儀式があり、
その後は、当代と次代の間で取り決めたタイミングで、もう一度神降ろしをして、世代交代を行う。
世代交代の時期が決まってないのは、儀式的なしきたりよりも、確実に引き継ぐことを重視したためだと思うとの事)
・一方、彼女の一族がそうまでしてその神様への信仰を守ったのは、B神社のある地域一帯に、物凄く強力な力を持った何かがいて、(人間とって都合の悪い神様レベルのものなのかもとはCさんの推測)それを封じる役割を、その神様が担っていたからとのこと。
・神社が再建されたのは、表向きには神仏分離令が出た後に、その地域にも由緒正しい神社があったことがわかり、
これはぜひ再建するべきとの機運があったため、とのことだが、その地域の鎮守として、B神社がなかった空白期間が長かったため、定期的に彼女の一族が封じるための儀式を行ってきたけれども、それでは抑えきれず、
封じてた何かの悪影響が出るようになっていたから、とのこと。
・それをあらわす証拠が、再建された時の建築様式に現れており、いくら由緒正しいとは言え、田舎の小さな一神社にはありえない特徴があり、その再建した時代に、その神社が重要視されていたことがわかる。
・再建後は、B神社は鎮守としてきちんと祀られ、(収穫祭ではあるが秋祭りもある)定期的にその神社で儀式を行っているため、その何かは封じられていると事。
以上のような経緯で、Eさんは神様の一部を常時降ろしているような状態で、強力に守護されている。
そのためEさんの周りは、Eさん自身の体を舞台装置(依巫)とした、一種の神域のようなものになっているとのこと。
よってEさんにとっては、俺に憑いている程度のものを払うのは大したことでは無い、という訳だそう。
場合によっては、Eさんがこの飲み屋に着いただけで、憑いていたものは消滅してるかも、とCさんは笑っていた。
それを実感するエピソードとしては、Cさんが小学生の頃、弟が神降ろしの儀式を行った(弟が次代に確定した)翌日から、今まで通っていた小学校で視えていたいろんなものが、それ以降、全く見えなくなった事を挙げていた。
Cさんが中学生になった後、一年後に弟が中学校に通いだした時にも、同じことが起こり確信したという。
そんな話をしているうちに、Eさんが飲み屋にやってきた。
Cさんから話を聞いた後だったが、1年ぶりにあったEさんは、俺には普通の今時のイケメン兄ちゃんに見えた。
「久しぶり。姉さんから電話で聞いたけど、なるほど、ちょっと『障られて』るね」
そう言うとEさんは、俺の頭を軽くポンっと叩いて、
「よし。これで大丈夫」
「へ!? もう終わりですか? もっとこう、祝詞的なものとかは必要ないんですか?」
(寺生まれのTさんの『ハァー!!』みたいな、気合的なものとかもなかった。本当に軽くポンと頭を触られただけ……)
「ないないwこれでOKだから」
「うん。頭から伸びてた紐みたいなのがもう視えないから、大丈夫」
物凄く拍子抜けしたが、その後3人で飲んでにうちに帰って寝たが、例の夢はもう見なかった。(翌日、入院しているAとBについても、Eさんに払ってもらった)
AとBが怪我したものの、最終的にみんな無事だったのでよかった。
得られた教訓としては、無人の神社には近づくなって事。
861 :本当にあった怖い名無し:2009/07/27(月) 01:05:43 ID:NTfTxL700 より

人気ブログランキング
  • 名無しさん

    なるほど、廃寺が危険な理由としても、道理ですな。

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。