すたか駅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2日前に不思議体験したんですが、もしかして昔話題になった「きさらぎ」駅的なものか?! と思ったので書かせていただきます。
京都駅からJR線に乗っていて、長岡京で降りようと思ってたのに寝ていて、起きたら丁度ドアが閉まって長岡京を出発するところでした。
仕方がないので引き返そうと思い、次の駅で降りた。
降りてから気付いたんだけど、こんな駅あったっけってくらい寂れた無人駅だった。
駅員さんいないし、外灯ついてはいるけど薄暗いし。
印象的だったのは改札出たとこにある大きな鳥居。
久しぶりにJR京都線乗ったもんだから、少し来ないうちに駅増えたのかと思いつつ電車待ったんだけど待てども来ない。
携帯で電車の時間調べようと思ったんだけど、電波が宜しくなくて中々繋がらなかった。
そして駅構内に時刻表が見当たらない。
因みに駅の名前は「すたか」って看板に書いてありました。
んで一緒の電車から降りたおばあさんがまだ駅のベンチに座ってたから「すみませんが次の電車の時間て分かりますか?」て聞いたのよ。
そしたらおばあさん「じきに来る」て一言。
とりあえずお礼言うと、おばあさん初めて顔上げて「タマヒメが泣いてるからゆっくりしてきい」て言ってた。
あと「ウコンの力(?)は、終わりの国は捨てろ」「チョウベエ」「タマヒメ」「ヤリ」「ユスド」「ジュウベエ」云々のワード。
ごめん凄く聞き取りづらくて、所々のワードしか思い出せない。
ボケてんのかなぁと、とりあえず相槌うって聞いてた。
暫くしたら小学校低学年くらいの子供が駅の中に来てこっち見て手振って、すぐにまた出てった。
その時にその子が何か落としたの見えて拾いに走ったんだけど、もういなかった。
落し物は龍だか蛇だかの刺繍されたお守りだった。
どうしようかと思ってたら、おばあさんが手招きして「渡しとくからばんばにおくれ」と言うので知り合いかと思って渡しといた。
多分この辺のタイミングだったと思うんだけど、牛の声みたいな音が近づいてきた(それまでは遠くで聞こえてた)
あと、いつの間にか近くの山にポツポツと明りがついてた。提灯みたいなのが一定の間隔で。
おばあさんはお守り受け取ると駅から出てった。
それと入れ違いにさっきのお守りの子が来た。
「さっきお守り落としたやつ、おばあさんに渡しといたよ」て言ったら何とも言えない嫌そうな表情になったから、慌てて謝罪。
渋々ながら許してくれた感じで、手を引っ張ってきた。
ついて行くと駅の外に出ちゃって
「電車待ってるから戻らないと」
て言うと
「電車こない! こっち行って!」
と道を指さされ更に引っ張られる。
子供なのに力強いなと思いながら引っ張られるがままに小走りでしばらく進んだ。
民家とか電柱並んでんだけど、どこも薄暗いし古ぼけた感じ。
何分か歩き進むと橋について、その子供は
「戻っちゃだめだよ! ばいばい!」
だけ言ってどっか行っちゃった。
連れまわしてここから放置かよ、とちょっと憤りながらも橋の向こうの明るい方へ進んでみた。
そしたらだんだんお店とか見えてきて最終的に阪急の長岡天神駅に着いた。
その後は、物凄く動揺しつつもちゃんとお家に帰れました。
家に帰って調べたけど、すたか駅なんて存在しないよね?
ちょっと落ち着いてきたからまとめて見たけど読みにくい文章でごめん。
何か分かる人いたら教えて下さい。
31 本当にあった怖い名無し 2011/11/10(木) 21:09:33.17 ID:IS9z2Fe1O より

人気ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. T斗 より:

    私は長岡京市に住んでいて、今は大山崎町の阪急西山天王山駅近くに住んでいるものです。
    普段から怪異譚や伝承、風習といったものが好きで日々調べているのですが、まさか近くですたか駅なる話を目にするとは思いませんでした。
    JR長岡京から次の駅となるとJR大山崎なのですが、、、
    まぁこの辺りは昔から怪異や心霊スポット等も多いと言われていますし。
    気になるので少し調べてみます。

  2. 匿名 より:

    あの女の子、ええ子や…
    そしてこのコメント欄はなんや…

  3. 匿名 より:

    右近、尾張国
    で検索したら坂井政尚って戦国武将が出てきた
    タマヒメは徳川珠姫?

  4. 匿名 より:

    ちなみに坂井は織田の家臣
    wikiいわく
    >京や畿内において禁制や税の手配などの奉行として行政に携わっている
    十兵衛は柳生十兵衛こと柳生三厳

    忠兵衛は徳川忠兵衛って天ぷら屋さんしかヒットしなかったw

    どれも安土桃山(戦国時代)〜江戸時代前期でおさまってるから
    こんな所なのかな

  5. 匿名 より:

    JR京都線の長岡京の次は山崎、阪急みたいに「大」はつかない
    けれど、山崎とは書かれてないことや、次の駅で降りた、
    ということ
    山崎からなら阪急長岡天神までは結構な距離になるから
    長岡京と山崎との間の異界の駅に降りた、と解釈する
    しかし仮に、休日の夜遅い時間帯で電車が普通や快速だったとしても
    あれだけ利用者の多い、人の多い京都線で電車ごと異界駅に引きずり込まれるようなことがあるんやろか?
    少なくもその電車に他の乗客もいたであろうし、JR西の乗務員だっているだろうから。

  6. 匿名 より:

    興味深いお話!
    スパムコメがうざーい!!!

  7. 匿名 より:

    JR山崎に行くまでに山崎聖天宮の鳥居が線路脇にあるんだけど̚比定地にならないかなぁ
    山側には蛇姫池なんかもあったり、最後の橋がどこなのかなと思索中(;^_^A

  8. 匿名 より:

    タマヒメってのは玉姫稲荷の玉姫様じゃなかろうか。山に灯が等間隔で灯されるというのも、狐火だと思う。もしかしたら花嫁行列の準備?をしていたのかもしれない。ウコンというのは右近という狐の名前じゃないかな。昔話に出てくる、飛脚の手伝いをした有名な狐。右近の力とは、もしかしたら向こうの世界の言葉で、メールや電話など情報を伝達したりする手段のことなのかもしれない。それを終わりの国、かくりよの世界では捨てなさいということで、自分の元いた世界に戻ろうと思わず忘れなさい、ということなのかも。
    つまり、この書き手の人が稲荷神の玉姫さまに見初められたってことだと推察する。だから神域に招かれたんだと思うよ。おばあさんが「じきにくる」って言ったのは電車のことではなくて、婚礼の準備のための迎えがじきにくるよって意味なんじゃない?
    途中、小学生くらいの男の子が助けに入るのは、この書き手の人のご先祖様なのかもしれないね。もしくは、実家で信仰している龍神さまの化身かもしれない。龍神の名代としてその眷属が童子形で現れるというパターンは説話にもよくある。また、龍の絵のお守りっていうのはキーな気がする。ご先祖さまの誰かが信仰熱心だったか、あるいは現在でも信仰している身内がいるのかもしれない。どちらにせよ、稲荷信仰と龍神信仰(宇賀神とか)は密接に関与し合う間柄だから、龍神を信仰している身内の誰か(あるいは本人)の縁(お守り)によって、その御眷属が助っ人としてこの神域に干渉できたという可能性はあるかもしれない。
    玉姫さまが泣いている理由は分からないけど、一人で御山に暮らすのが寂しくて人恋しくなったのか、もしくはこの書き手の人が小さい頃にどこかでこの神様と約束しちゃったのかもね。お嫁さんにしてやるとか。本人は忘れていても、神霊の世界では約束は絶対だし、時間なんてあってないようなものだから。
    真相は分からないけど、帰ってこれてよかったね。でも、もしどこかで約束してしまったパターンだったら、また招かれることになるかもしれない。そうでないことを祈りたいね。

  9. 匿名 より:

    あと、牛の声みたいなのってのはきっと警蹕だ。玉姫さまが近づいて来ていたんだろう。危なかったね。
    …まあタマヒメと言っても、稲荷系の神様じゃよくある名前だし、どのタマヒメさまかはわからないな。江戸時代に端唄で歌われた紀伊の国の玉姫さまなのか、まったく別のタマヒメさまなのか…
    すたか駅という名前が何かの由来の一端になっているのかもしれないが。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

SNSでもご購読できます。