国道沿いの公衆便所

故郷が郡上八幡で、帰り道に国道をよく通ります。 途中、どうしても大便をしたくなったので、バス転落事故があったすぐそばの公衆便所に入った時のことです。 最初は頭が痛くなり、夏だというのに急に寒くなったと思ったら、なんと青白い顔の5人ぐらい の人達に取り込まれていました。 と同時に金縛りにあって動けなくなりました。 これはたくさんのバス転落事故で苦しんで亡くなった霊に取り込まれてしまったのか、私をどこかへ連れて行こうとしているようか、と思いました。 金縛り状態で、覚悟したほど怖かったし... 続きを読む

人気ブログランキング

黄昏時の思い出

826です。 スレ違いかもしれませんが、俺が体験した黄昏時の不思議体験をもう一つ。 子供の頃、俺は美濃地方(先ほど書いた林道の辺り)にある山の麓の公団団地に住んでいた。 その団地のすぐ脇に、山に沿って小川が流れていて、学校では注意されていたが友達なんかとよく遊びに行っていた。 小3位の時期だったが、夕方その川でたまたま一人で遊んでいると、男の子がすぐそばにいて、一緒に遊びたそうにこっちを見ていた。 同じ学年位の男の子で全然見かけたことの無い子だったけど、団地なので引っ越しは比較的多く、そ... 続きを読む

人気ブログランキング

老婆と人骨

むかし小学生の頃保健の先生に聞いた話だけど岐阜の民家であったゾンビ事件はこわかった。 その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接していなく隣の家との距離は100mほど離れていました。 ある雪の日、休憩させてもらおうと思い空家に入ったら老婆がいました。 老婆に案内され後ろからついて二階に行ったら(その家は古い家なので20畳ある部屋が一階と二階にありました。)老婆が消えてしまいました。 仕方ないので一階にもどり気味が悪いので帰ろうとすると一階の畳の真ん中で老婆がカマを持って立っていました。... 続きを読む

人気ブログランキング