テレホンカード

俺は小学4年から3年間くらい、テレフォンカード(以下カード)を集めていた。
集めていたといっても、登下校時に電話ボックスの中に落ちている、使用済みのカードを拾っていただけなんだが……。
ほとんどが使用済みで、たまに1・2度数残りがあるカードがあった。
当時は携帯電話はおろか、ポケベルすら普及していなかったため、通学路にはたくさんの電話ボックスがあり、平均すると毎日3枚程度拾っていたような気がする。

夏だったと思うが、電話ボックスの中を見ると、奇妙なカードが落ちていた。
白地に青っぽい文字で『○○店の右側』(○○はレンタルビデオ屋の名前)。
手描きではなく印刷されたもので、そこは行ったことのある店だった。
色々なカードを拾ってきたが、ものすごく不思議なカードだった。
レンタルビデオ店の宣伝か?
それにしては内容がなさすぎるし右側って?
しかも残り度数が16位あった(と思う)。

何日かたった土曜日だったと思う。
カードに書いてあったレンタルビデオ屋に行き、書かれていた内容の意味がわかった。
店の前に3台の電話ボックス……。
そう、その右側のボックス内に、またカードが落ちていた。
白地に青っぽい字が書かれたカードが。
なんて書いてあったか覚えていないが、次のカードのありかだったと思う。
残り度数は15位。(前回より1度減っている)

マンガや小説のような展開……
大冒険の予感……
本当にこんなことがあるんだ、って興奮した記憶がある。
度数が減っているし。
このまま1まで行ったら何があるんだ?

数日後、友達2人にここまでの経緯を話し、カードに書かれた場所に行ってみた。
指定された電話ボックスにカードは落ちていた。
全員興奮。
しかし、そのカードに書いてあった場所は誰もわからなかった。
なんとかしてその場所を調べようと、10歳位年の離れた友達の兄貴にカードを見せた。
その兄貴はカードに書かれた場所を知っていた。
家から20キロほど離れた繁華街にある、ボーリング場のゲームセンターだった。
次の休みの日にそのゲームセンターに行き、カードを手に入れた。

その後もカードを拾い続け(この辺の記憶があまりない)、残り度数がひとケタになったころ、拾ったカードに、またもや誰もわからない場所が書いてあった。
友達の兄貴に聞いてもわからない。
小学生の俺たちに考えられることといったら、本屋に行って地図を見ることぐらい。
結局わからないままそこで、冒険を終わらせてしまった。

誰かのいたずらかもしれないが、かなり手の込んだいたずらだと思う。
冷静に考えれば謎な部分はたくさんあるが、当時の俺たちにとってはすごく不可解な出来事だった。
カードはすべて保管してあるので、探せば見つかるかもしれないが、いったい何だったのだろう?

42 本当にあった怖い名無し 2010/11/05(金) 14:01:49 ID:U6ZnFbpH0

人気ブログランキング
  • 名無しさん

    晒してくれよ

  • 危険な好奇心

    最後まで行っていたら多分危険な目に遭遇していたかもね

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。