サドル

この前、って言ってももう一ヶ月以上前の事なんだけど、体験した事を書きます。

川崎市の溝の口って所から自転車に乗って、東京方面に友達と遊び終わって帰る所だったんだけど、時間は結構遅くなっちゃってて、友人と別れたのが大体20時頃で、そこから15分位走ってた。
神奈川と東京の県境は多摩川が流れてて、そこそこ離れてない間隔で橋が架かってる。
川の幅は結構広い方で、河川敷には神奈川側にサッカーコートとかあって、土手も広々してる。
東急田園都市線って結構メジャー路線は、多摩川を垂直に横切って神奈川と東京を結んでる感じで走ってて、その線路と沿うように国道246って、これまた大きい幹線道路が田園都市線とならんで橋になってる。
ちょっと特殊な感じに組み合わさってて、太い246と狭い246(笑)に別れてるんだが、これは説明しづらいので、お手数だがgoogleとかで地図見て欲しい。文才なくてごめん。

車で行くときは太い246を使うんだけど、自転車や原付は入れないので、細い方に向かったんだ。
細い246は東急線と組になってる橋で、道路左右に歩道が付いてる、自転車も原付もOKな橋なんだ。
んで、ちょっと遠回りになるけど、その橋に向けてひたすら自転車漕いでた。
大きい交差点を渡って、300メートル位行けば橋にたどり着ける位の所で丁度雨が降ってきて、辺りは結構暗いし、スピード出せずに結構時間掛かった。
橋のたもとには両県側とも交番が必ずあって、その明かりを目印にひたすら無心で漕いでたんだ。

んで、無事交番の所まで来て、丁度交番前の信号が赤だったので、小休止して自転車から降りた。
この交番にお巡りさんが居るのを俺は一度も見たことがないな(笑)。
そんな事を考えながら、ぼんやり交番から土手、そして橋の方へ目を向けて、信号が青になるのをまってたんだ。

そしたら物凄い爆音とともに地面が揺れ、凄いまぶしい光が照らされた。
そして、俺にむかってダンプみたいなのが突っ込んできた。
死ぬと思ったけど、何も出来ず固まって死を覚悟してた。
けど、閉じてた目を開けると、点滅する青信号の光しか無く、辺りは雨音と電車や車の走行音しか聞こえなかった。
俺は心臓バクバクしながら、信号3ターン位そこで釘付けだった。

幻覚か白昼夢だと理解するまで時間かかったけど、そんなの小説かTVの世界でしか知らないし、
生まれて初めての事で、もう何も考えられないほどパニック状態だった。
何回かため息みたいな深呼吸して、なぜか笑いがこみ上げてきて一人で笑った。

しばらくして青になったから、自転車を押しながら渡って、橋の歩道側に着いたところで自転車にまたがった。
なんか凄い違和感を尻に覚えて、自転車を飛び降りてサドルを見ると、今まで普通に何も異常も無く乗ってたサドルが、深々と十文字に切り裂かれてた。
心底怖くなって、自転車放り投げて、川崎側の交番に戻って駆け込んだけど誰も居なくて、仕方ないから携帯で友達呼ぼうと自転車の方に戻ったら、自転車のサドルだけなくなってた。

その後、友達に連絡ついて車で来て貰って、自転車積んで帰ったけど、意味不明で、恐怖を感じた出来事は何を意味してるかいまだに判らずに、しばらく引き篭もりがちになってますw

349 本当にあった怖い名無し 2008/07/26(土) 23:30:58 ID:VTU/oaJm0

人気ブログランキング
  • 名無しさん

    なんで自転車のサドルだけ取る奴がいるんだろう・・・
    変質者なのだろうか

  • 名無しさん

    それはきっと、サドルがあなた様の身代わりになってくれたんではなかろうか。御守りが割れて自分が無傷だったという話がよくあるように。

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。