赤いシ○ック

自分は今まで心霊体験なんか全くなく、30数年を過ごしてきました。
今から6年前の4月、仕事で博多に長期出張の間に経験した出来事です。

自分にとって初めての長期出張。
仕事は営業マンでけっこう給料も貰っており、住まいも博多駅から歩いて5分。
全○空ホテル斜め前の交番を少し入った公園の向かいのマンション。
立地もいいし家賃はほぼ会社持ちで、とにかく毎日のように浮かれて、中洲や博多駅近辺で呑んで騒いで、福岡を満喫していました。
その頃自分は、携帯の出会い系サイトや伝言ダイヤルみたいのを使って、『東京から来ました、友達になりませんか』みたいな書き込みを散々して、新しい土地での出会いや遊ぶ為に一生懸命。
そんな引っ越して間もない頃に知り合ったK子。

最初はメールからでしたが、短い間で急接近し、お互いに彼氏彼女持ちだけど遠距離中だと暴露。
でも会いたいねみたいな、ラブリーな関係になっていました。
K子は熊本県の八代というところの有名ショッピングモールで働いていて、たまに福岡の天神に買い物に来るとのこと。
そこで5月中旬にK子が連休を取り、いきなり3日間一緒に時間を過ごすことに。

約束の日は平日の夜。
待ち合わせの場所に赤いシ○ックに乗ったK子が到着。
まだ顔も見たことのなかったK子は、とても綺麗なスタイルの良い女の子。
自分のマンションの前の公園脇に真っ赤なシ○ックを停めて、居酒屋で呑んでから部屋で過ごすことに。
普段その公園は路駐の車がいつも沢山あるので、なにも気にせず路駐して時間を過ごし、朝を迎えて自分だけが会社なので彼女を部屋に残して家を出ました。

会社で仕事をしていると、K子から電話が入る。
なんだろうと思い折り返す。
すると、赤いシ○ックがレッカーされたとのこと。
ついてないなぁと思いながら話していると、他の車は昨夜から停まっているのにそのままだと怒ってる。
変なこともあるなぁと思いながらも、次の日が土曜日で休みなので、一緒に車を取りに行こうよと話して、その日は普通に2人で過ごし終了。

翌日の朝、2人で車を引き取りに向かい、そのまま天神でデートすることに。
自分が運転しようとシートに座ると、右のドアのもの入れみたいなとこにスーパーのビニール袋があって、ドアを開けた時にゴソリと床に落ちました。
「何これ?」
特になんとも思わず聞いてみると、K子は「それ塩なんだ」。
どうやらK子の話では、昨年デートをしていた時にぶつけたとのこと。
詳しく聞いてみると、この車は中古の車で、2年程前までK子は福岡で働いていたんだけど、人事移動で現在の八代に。
その少し前に、福岡で車を購入したとのこと。
事故は一回ではなく、その前にも男性が運転していて事故をしている。
かろうじて彼女は怪我をせずにすんでいるが、一回は男性が骨折までして、フロントガラスまで割れたとのこと。
それからは車を停める時には、必ずハンドルとタイヤ4つに盛り塩をしているらしい。
実際に大量の塩を見たけれど、ヘェーぐらいなのは駐禁だけで、特別なことは何もありませんでした。
ただ自分には、その赤いシ○ックが不思議に思えただけで……

それからも彼女は、三週間に一度づつ三連休を取って泊まりに来ていました。
平日に来ることが殆どで、自分が車に乗る機会はなかったのですが。

ある日2人で、海沿いのアウトレットへ買い物に行きました。
観覧車に乗り、かなり大胆に2人で過ごしたあと、(その時、何故かもう一つ観覧車を作ってたのを覚えてる(時期の限定の為))自分が車を運転して帰る途中。
「ねぇ、なんか車から変な音しない?」
「最近なんか変な音するんだよね。昔もあったけど、ほっといたら治ったから平気だよ」
自分は車に詳しくはないですが、なんだか不完全燃焼しているようなそんな感じ。
「一度ディーラーとかに見てもらった方がいいね」
などの会話を覚えてる。

そしてある休みの日の午前中、K子が泊まりに来る為に、『車で今から出発するよ!』との電話。
その頃はもうお互いを恋人と思っていたので、楽しみでしょうがないのだが、彼女が出発して数時間後に再度電話が鳴る。
『どうやらさっきからブレーキが効かないんだけど、どうしよう……』
高速道路でブレーキが効かないなんて、大の男でも焦る状況。
自分は電話で、
「とにかく左車線に寄って、そのままアクセルを踏まないでウインカーを出して、惰性で停まるんだよ!
その間にJAFを呼ぶから、いまどの辺りなの?」
なんて会話をしていた。

ちょうどインターを過ぎた辺りだったので、思ったよりも早く救出されひと安心。
車は現地近くの車屋さんに修理を頼み、K子とは電車向かった自分と合流。
K子は憔悴しきった表情で涙ぐんでいた。
修理は数日かかるところを、事情を話し3日間でお願いし、K子と自分は自宅へ向かいました。
帰りの電車でK子がぐったりしながら、
「あの車おかしいのかなぁ。なんだか、○○に会いに来るときにいつもおかしくなる」

実は、ブレーキがおかしくなったのはこれが初めてではなく、アウトレットに行った先日も、高速でブレーキがきかなかったとのこと。
そして昔の男性との事故も、2人で乗った時ばかり。
自分もうすうす感じていました。
車が……赤いシ○ック嫉妬してるんじゃないかって。

そして8月、ついに自分にも5連休の休みが取れたので、今回は自分が初めて八代に泊まりに行くことに。
お昼に出発した自分が八代に着いたのは夕方頃。
都内で生まれ育った自分には、ビックリするくらい長閑な場所。
彼女とメールで連絡をとり、あの赤いシ○ックで迎えに来てくれた。
彼女の住まい近辺には何にもなく、買い物さえ車がないとどうしようもない場所でした。
しかも、残念ながら5日間ともK子は仕事で……販売だからかき入れ時は休めない……
だから、自分が帰る最終日の1日前の夜まで、夜食以外はずっとK子の部屋で過ごしました。

本当に素敵な時間を過ごした最終日前日の夜、自分は電車で帰るので、最後は熊本ラーメンを食べに行きたいと、2人で外出しました。
そのお店は、八代駅に向かう途中のちょっとした繁華街の、脇道を入ったところにありました。
駐車場がないので、繁華街の四車線の広い道路に車を路駐。
ラーメンを食べてから車を停めた道路へ向かうと何故か……停めた車の辺りに人だかりが……
しかもパトカーが停まってる……
自分はとっさに、「路駐で捕まったかなぁ、ごめんね」などK子をなだめてた。
でも近くに行くと様子が違う。
車は運転席側が半壊。助手席側もドアが開かない状態。
何があったのかわからずに車に寄っていくと、
お巡りさん「これ、君達の車かね?」
自分「はい。何があったんですか?」
お巡りさんに教えられて前方を見ると、100メートル程先に傾いた車。
お巡りさん「酔っ払い運転で当て逃げだよ。逃げようとしたけど、車がダメになって向こうで停まっているよ」
そんなやり取りの間中、「どうして……どうして……」とずっと泣いていた。
お巡りさんがK子に
「車検証出していいかな? ちょっと拝見するよ」
と、割れたドアガラスから車検証を取り出す。
お巡りさんから
「この住所がお宅の住所かな?」
と聞かれ、自分はわからないのでK子に問いかけると、
K子「知らない…そんな住所知らない…」と、心ここにあらずという感じ。

住所には熊本県八代市○○。
その住所を見ても自分には何もわからないが、
お巡りさん「住所はこの辺だなぁ……」
自分「いやっ、○○ホームセンターの方で、この辺じゃないですよ」
お巡りさん「あっ! これは前の人の住所だねぇ。こっちの八代市○○が君の住所かな?」
K子に再度問いただすと、泣きながら何度も頷く。
えーっ……その前の住所って何?
自分はその住所を見て電信柱の住所を見ると……えっ……この辺の住所じゃん。
これって、この赤いシ○ックの前の持ち主の住所だよね。

K子はその時も、車が潰れたショックで全くそのことを不思議に思わないようで、泣いていた。
その後警察に連れて行かれて、聴取みたいなのを受けるのと、相手が酔っ払いなので、相手の迎が来てから謝られて、結局帰りは午前3時過ぎ。
タクシーで彼女の部屋に戻り、彼女を落ち着かせようと必死だった。
でも頭の片隅には、車検証の住所のことがいっぱいで……

次の日、K子が仕事に行く時に、タクシーで二人して出発。
K子を下ろしたあと駅に向かう途中で、どうしても住所のことが腑に落ちないので、運転手さんに昨夜の住所を告げて向かってもらった。
タクシーが着いたのは昨夜の事故現場が見える場所。
信じられないくらいにすぐ近く。
自分は昨夜の住所の家を探そうと歩き出す。
するとその家はすぐに見つかった。
立派な2階建ての家で、入り口が細い竹の格子の玄関。
自分はとても迷ったけれど、思い切ってチャイムを鳴らしてみた。
出て来たのは50才そこそこのおばさん。
「大変突然で失礼なんですが」
自分は失礼なのを承知で、昨夜の事故の事、自分がもうここに来ることはないこと、そんなことから話し始めました。
するとおばさんは事故の事を知っており、事故の時に現場に来ていたとのこと。
なかなか話してくれなかったけれど、それから小一時間おばさんと話しました。

そしてここからは、おばさんの話と憶測です。
おばさんには息子さんがいて、数年前に亡くなっていました。
その息子さんは自分で買った赤いシ○ックを本当に大切にしていて、毎週庭で洗車する姿を良く覚えているそうです。
ある日、息子さんは赤いシ○ックで運転中に、事故に巻き込まれ亡くなった。
その後車は熊本で売却した。
そして昨夜の事故。
自分が感じたこと。
K子は赤いシ○ックを本当に大切にしていた。
そしてその赤いシ○ックには、おばさんの息子さんの思いが今でも残ってる。
息子さんは、K子に愛されることを喜んでいたのかもしれない。
なのにK子は違う男を車に乗せる。
愛するこの赤いシ○ックとK子に男が。
K子は福岡で赤いシ○ックを買ったあと、八代に呼ばれたのではないか。
自分のそばに来て欲しくて。
そしてたぶん、息子さんは嫉妬していたのだろう。
自分もいなくなって欲しかったのかもしれない。
その後、事故を起こした相手の保険屋さんとの窓口を自分がやり、ローンは少し残ったがK子は新車に乗り換え、納車がすむ頃にはお互いに連絡もしなくなった。

239 本当にあった怖い名無し 2007/02/06(火) 17:25:41 ID:nXs+8HdLO

人気ブログランキング
  • 霊感体質者

    中故事故車怖い…

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。