怨みの卵

中学校の修学旅行の時、怖い話をみんなで持ち寄ろうってことになったんだけど、私はみんなが知ってるような話しか知らなかったので、祖母に教えてもらった話です。
みんなに聞かせる話だって前ふりをしていなかったので、その話は事情により結局話せなかったのですが……。

祖母が母に聞いたおばちゃんの話なので、族柄表記だとややこしいため、
祖母の母の母親「たえ」
祖母の母の姉「ちよこ」
祖母の母「よしこ」
と、仮名にて話を進めます。

祖母の母よしこには5つ年上の姉ちよこがいたそうなのですが、隣村の若い連中に嬲り者にされ、身ごもってしまい、それを苦にちよこは自殺したそうなんです。

たえは、怒り悲しみ、半狂乱になって、隣村の連中に詰め寄りましたが、そいつらは部落の娘がそこらへんのおっさんとまぐわって勝手に孕んで死んだもん、知るかって取り合わなかったそうです。
もちろん娘から聞いて真実を知る母たえですが、当時の差別的な環境下ではどうすることもできず、ただ怨み呪うことのみだったそうです。

母たえは、よしこに
「お前にも血の怨みを教えといたろ。これはおねいちゃんの弔いやって!」
すごい恐ろしい形相で、言っていたらしいです。
それから、すり鉢を用意して、生剥ぎの亀の甲羅を焼いて割り入れ、数種の獣の四肢の骨を砕き入れ、獣の目と耳を湯がいてそれに加え、最後に自分の月経血を垂らし、それらを摺り混ぜて、粉末を作ったそうです。

その粉末をつがいの鶏に与えて、数個の卵を産ませ、メスに抱かせ、2週間半ぐらいで卵を採りあげて、近所の馬頭の神さんを祭る神社に供え、祈り、また、持ち帰ったそうです。ちょうど彼岸明けぐらいだったらしいです。

その卵を隣村の墓場に持って行き、件の連中の家の墓石に投げつけたそうです。
つぶれた卵からはゼリー状の赤い粘液が流れていたそうで、
ぶつけたときのグシャっていう音が耳に残ってしばらくすごく嫌だったらしいがその時、やっと母たえに少し笑顔が戻ったことが嬉しかったとも……。

その後、たえは よしこに
「お前も本当に許せないことがあれば、このようにして怨みをぶつければいい!」
と。
目も見えず……耳も聞こえず……四肢揃わず……。
忌み嫌われたこの血をもって、万年の輪廻を与えんと……。

祖母が聞き覚えてる墓石の銘はひとつだけだったんですが、昨年、卒業した先輩にたしか障害をもった人がいたような気がするのです。
こんなの修学旅行で話せないでしょ……。

834 怨みの卵 2010/03/22(月) 07:36:12 ID:xVUCmkxR0

人気ブログランキング
  • 名無しさん

    ×「ぞくがら」
    ○「つづきがら」な。

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。