海の火葬場

その無人島は『海の火葬場』 岡山県笠岡市の沖合いに浮かぶ高島、白石島、北木島、真鍋島の4島を笠岡諸島という。 北木島と白石島のちょうど中間に、地元の人が通称『タテ』と呼ぶ小島がある。 地図上では正式名を『縦島』といい、たった40メートルほどの岩場だらけの無人島にすぎない。 実は平成13年まで、この『タテ』では海上の火葬場として使われていたのだ。 火葬場の施設があるわけではない。 タブと呼ばれる木(クスノキ科)でヤグラを組み、その上に遺体を寝かせ、松ヤニを油代わりに野焼きしたとい... 続きを読む

人気ブログランキング

代替わりに死ぬ

家系にまつわる怖い話。 これウチの話ね。 幽霊とかそういう話じゃないが、気持ち悪いのでここで書かせてくれ。 ウチ(正確にはウチの母方の家)は某県の旧家なんだけど、本家が二つある。 「ホンケ」と「ホンヤ」と言って使い分けてるんだけど、県の北部にいくつかある菅原道真の末裔の家。 詳しく書くと素性が割れるので書かないが、各家にいくつか伝説があるんだよ。(別に家同士親密なつながりがあるわけじゃないが) 有名なのが『三穂太郎』の伝説で、とにかく大きな人がいたらしい。 あと別の家には『敷地内で白ヘビ... 続きを読む

人気ブログランキング

晴れ着の女

流れを読まずに、すみません。 元カレの近くの山なんだけど、不思議だったのでカキコ。 元カレは中国地方の山合いにある集落に住んでた。8集落くらい。 水道はきてるけど、みんな井戸水飲んでるような水と空気のきれいなところでした。 秋の連休に彼の地元を見に連れてってもらった。 で、私が行くと、集落からワラワラと人がでてきて「彼氏君の彼女かねぇ~」とあいさつしてくれた。 なんか、いい人たちだなぁと思ってたんだけど、変なことがあった。 山に一番近いところにある家は、あぜ道沿いにあって農機具を... 続きを読む

人気ブログランキング