厄落とし

神社でお札を貰うだけでなく、特に田舎だとそれぞれの地域に伝わっているやり方があるだろうけど、同じような風習があり、私と似たような体験をした人が居るかもしれないので書き込んでみます。

地元(といっても同じ村でもやり方が違うところがあるから一部の地区内)では、厄年(数え年で本厄)の人は節分の日の夕方、家を出て一番最初の四つ辻にお餅を置いて振り返らずに家まで戻ってくる。
という風習がある。

守らなくてはいけないきまりがいくつかあった。

・途中、三叉路等の分かれ道がある場合はなるべく家から一本道になるような道を進む。
・振り返ると厄がついてくるから、お餅を置いた後は絶対に後ろを見てはいけない。
・お餅は、誰か(別の家の人)に拾って貰わなければ厄は払えない。

現代では確実に拾って貰えるように、厄落としをする人(の家)は、あらかじめ落とす場所の近くに住む人に拾うのをお願いすることになっているみたい。

前置きが長くなったけど、私は女なので数えで19、18歳で高校生のときに厄落としをやった。
うちは地区内でもかなり奥まった山際に家があって、最初の四つ辻まで徒歩8~10分くらいかかる。
しかも神社やお寺を通り越して、更に坂を下った先。その四つ辻までの道のりは勿論一車線の田舎道、神社やお寺があって民家もない寂しいとこだけど、舗装はされてるし通学路として小学生のときから毎日通ってる道。
帰りがもっと遅くなることもあったから、夕方に行くくらい別に怖くはなかった。
親に言われるままの厄落としだし、面倒だなって思った。
確かその年の節分は日曜で、厄落としもあるし予定を入れずに家にいて、母に
「暗くなる前に行ってきなさい」
とせっつかれて家を出た。
2月だし、日の入り早いから時間的に夕方でも薄闇くらいになりかけてた。

行きは普通で、何考えてたとかは覚えてない。
でも、四つ辻に着いてお餅を置いて、背を向けた瞬間から後ろで太鼓の音がし出した。
でんでんでんでんでん……って、結構速いペースで一定に、連続して叩いてるような音。あと、雷?のような、ごろごろいう音も一緒に聞こえた。
文字にすると、ただそれだけなんだけど、それらは今までに聞いたことがないくらいに不気味で怖い音だった。
確実に何かが後ろから来ている、そう気配で感じた。
誰かが後ろを歩いてるとかそういう感覚じゃなく圧迫感みたいなもの。
鳥肌がたって、怖くて怖くて、それでもなぜか「走っちゃいけない」気がして、涙目で歩いた。
母親からきつく「後ろを見ちゃダメ」と言われてたから必死で前だけを見た。
その音を聞いていたのは後から思えばたったの数分だったけど、家までの距離がもの凄く長く感じた。

坂を上りかけたくらいのとき、後ろから車が来て私を通り越して止まった。
父親の車だった。
後から聞いたら父は単に仕事(自営なんで日曜もある)を終え買い物をして帰ってきたところで、私を見つけたから止まっただけだそうだ。
母にまかせっきりで、私の厄落としのことは忘れていたらしい……
でもそのとき、私は父が心配して迎えに来てくれたんだと思って安心して一気に涙が出た。
慌てて後部座席に乗ってから車のバックミラーもダメなんじゃ!?と気づいて慌てて目を瞑った。
父は何か話しかけてきたけど、覚えてないしよく聞こえなかった気がする。
そのときも音がまだ聞こえていたので私はずっと黙ったままでいた。
車で走っているのに歩いていたときと同じように後ろから音が追いかけてくるような感じだった。

結局音は家に着いて玄関をくぐるまでずっと聞こえてた。
家で待っていた母親は、親の前で泣いたりしない私が声もなく涙を流しているのを見てびっくりしていた。
変な太鼓の音が聞こえたこと、凄く怖かったことを伝えた。
嘘だと笑われるかと思ったけど私がマジ泣きしていたこともあって母は信じてくれた。
でも母や私の6歳上の姉(当時もう家を出てた)も、同じ厄落としをしたが太鼓の音なんて聞こえず普通に終わったらしい。

母が信じてくれたのは嬉しかったけど「地獄の音が聞こえちゃったのかもね」とか言うから、その日の夜は怖くて仕方がなかった。
でも本厄であるその年は何も起こらなかったし、結局あの音が何だったのかはわからない。
ちゃんと厄落とししたから大丈夫だったのかもしれないけど。

私は今27歳で実家を出て一人暮らしだけど、32歳の次の厄年まで結婚せず本籍が実家のままだと、また同じあの厄落としをしなければならない。
結婚して籍を移せば相手側の土地の厄落としができるんです。
当時は、32にもなれば結婚してるだろうし大丈夫、と思ってたけど…もう27、焦ってきた。
また同じ音がするかはわからないけど、本当に怖くて二度と聞きたくない音なんです。
ただの太鼓の音なのに。体の内側から恐怖がわき出るほど、不気味な音なんです。

本当にあれは何だったのかわからない。
私は厄落としに関して七五三みたいな、ただの儀式って意識だったから思い込みで幻聴が聞こえたとも考えにくいし。
自分では今までで一番不思議で怖い体験だった。
長くなってしまいましたが終わります。

203 本当にあった怖い名無し 2011/11/18(金) 02:41:21.47 ID:B4plYNceO

■参考「なた餅」
節分の日、遠州地方では豆まき以外に、厄年の人がいる家では「なた餅」をついて十字路などに置き、近所の人たちに拾ってもらい自分の厄を大勢の人に分ける風習があります。また、場所によっては厄年の人がなた餅やお菓子を近所の子どもたちに配るところもあります。
なた餅はいり豆を細かく砕いて餅にまぶしたもので、最近ではきな粉をまぶしたものに代わってきています。
厄年の人は、このなた餅を食べてはいけません。せっかく落とした厄が、また戻ってしまうからです。
http://yama-machi.beblog.jp/sakumab/2010/02/post-a469.html

人気ブログランキング

コメントを残す

※連投はスパム扱いになります。



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。