山の牧場

この話は新耳の著者の一人、中山さんが本気の身の危険を感じて、十七年間活字化できなかった、っていう話です。 大学生の時、映画サークルの監督をやっていて、ロケ地探しに山に行ったと。 そこで、これまで気づかなかった、乗用車一台がぎりぎり通れるような狭い横道を発見する。 延々とその道を行くと台地に出てきた。そこには牧場らしきものがある。 しかし、人は誰もおらず、牛舎の鉄柵はピカピカで、排泄物を流す溝も藁一つ落ちていないことから、使われた様子がない。 牛舎の屋根を見上げると、半球形にへこんでいる。 ... 続きを読む

人気ブログランキング

六甲ドライブ

幽霊ではなく人間でしたが、年月が経つにつれ自信がなくなっていく思い出です。 俺が19歳の頃の話です。 高校は卒業していましたが、これといって定職にもつかず、気が向いたら日雇いのバイトなどをしてブラブラしていました。 その頃の遊び仲間は高校の時の友人グループがいくつかあり、その日もその内のひとつのグループの奴の家に集まり、だらだらと遊んでいました。 そのグループの連中は、地元では結構有名な悪い奴らの集まりでした。 俺はケンカも弱いしバイクも持っていなかったけど、そのグループのリーダーが幼馴染で... 続きを読む

人気ブログランキング

犯人は今

ちょっと違った角度の怖い話をしてみたい。 今から11年くらい前だろうか? 神戸須磨区の出来事。 あらかじめ言っておくが、これは霊やら、化け物の類の話では無い。 人間の怖い話。 そして自分が知っている限りの実話である。 おそらくこの話を知っている人も多いと思うが、その真相を知っている人はいないだろう。 そして、この話を最後まで見て嘘だと思うのなら、自分なりに調べて貰えば、その不思議さに気づくはずだ。 本もたくさん出ているしネットでそれなりの情報を得る事もできる。 本題に入ろう。 小学生の... 続きを読む

人気ブログランキング