神様の婿

眠れないがてら昔話でも。 俺の地元は山中にある集落だった。 だったというのは今ではその集落は過疎や車が必須などの不便さにより、ほとんどの世帯が山の麓の町に移り住んでるため今では先祖の墓が残っている程度だ。 俺は中学卒業と同時に県外の高校に下宿し、地元に帰るのは1年に一回というのもザラで高校卒業後就職してからはほとんど帰ることもなくなった。 就職して3年ほどたった時実家から一本の電話があった。 近いうちに実家に帰って来いというたまにくる催促の電話だ。 俺は仕事が忙しくない時期だったこともあり久々... 続きを読む

人気ブログランキング